ラーメン界にハマグリブーム 名人の一杯はウマ味の協奏曲

公開日:  更新日:

年間の仕入れ総量は4トン

 ラーメン界は、ハマグリブームに沸いている。その火つけ役が、創業10年の「そばはうす 金色不如帰」だ。東京・幡ケ谷の路地裏にありながら、今なお開店前から行列ができる。“売り切れごめん”の営業スタイルで、貴重な一杯にありつこうとラーメン好きが押し寄せるのだ。“老舗”を直撃した。

「ハマグリはウマ味の塊で、貝類ではダントツにウマい。ウマ味に劣るアサリラーメンがあって、ハマグリラーメンがないのが不思議でした。それなら根っからのハマグリ好きの自分がやろうと、この店を構えたのです」(店主の山本敦之さん)

 三重県桑名産を毎日20キロ使ってダシを取る。年間の総量は4トンに上る。原価が高いハマグリを惜しみなく使うから、優しいハマグリの香りが店内を満たしている。これは期待十分。

 1番人気「醤油そば」(850円)には、フランスの高級食材・セップ茸の自家製オイルとフレーク、3大珍味のひとつ自家製の黒トリュフソースが添えられて登場。なんじゃこりゃ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る