• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ラーメン界にハマグリブーム 名人の一杯はウマ味の協奏曲

年間の仕入れ総量は4トン

 ラーメン界は、ハマグリブームに沸いている。その火つけ役が、創業10年の「そばはうす 金色不如帰」だ。東京・幡ケ谷の路地裏にありながら、今なお開店前から行列ができる。“売り切れごめん”の営業スタイルで、貴重な一杯にありつこうとラーメン好きが押し寄せるのだ。“老舗”を直撃した。

「ハマグリはウマ味の塊で、貝類ではダントツにウマい。ウマ味に劣るアサリラーメンがあって、ハマグリラーメンがないのが不思議でした。それなら根っからのハマグリ好きの自分がやろうと、この店を構えたのです」(店主の山本敦之さん)

 三重県桑名産を毎日20キロ使ってダシを取る。年間の総量は4トンに上る。原価が高いハマグリを惜しみなく使うから、優しいハマグリの香りが店内を満たしている。これは期待十分。

 1番人気「醤油そば」(850円)には、フランスの高級食材・セップ茸の自家製オイルとフレーク、3大珍味のひとつ自家製の黒トリュフソースが添えられて登場。なんじゃこりゃ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る