<ケース4>人事考課に私情を挟む

公開日:  更新日:

項目別評価を厳守して総合点をつける

 人間は厄介な生き物だ。感情があるから、好みも出る。しかも、それは固定化し、簡単に変えられない。嫌な相手と殴り合ったあとで仲良くなるのは、マンガに出てくる不良だけ。男女の恋愛ならいざ知らず、嫌いな相手を好きになるなんてサラリーマン社会ではあり得ないのだ。

 だから、人事考課は難しい。嫌いな部下にペケをつけ、好きな部下にマルをつけたくなる。これは人間のサガだろう。

 三菱商事の社外取締役で一橋大特任教授の西山昭彦氏によると、アンケート調査で「あなたならどんな社員を評価しますか」と聞いたところ、①席が近い人②よその部署で評価されていた人③明るい性格の人――という順番だったという。業績を見て評価する人は少ないのだ。

「それだけに人事考課は恣意的になりやすいのです。これを避けるには、一つ一つの項目をクールに評価し、修正を加えないこと。日本の企業は、熱意とか取り組み方とか、さまざまな項目について5段階評価で査定し、最後に総合点を出すスタイルを採用しているところが多い。しかし、この順序を守らずに、総合点を決めてしまってから各項目を評価する人もいます。最初に“彼は評価できる”などと判断し、予想よりも総合点が低いと、各項目に戻って、点数を書き直すわけです。これではフェアな評価はできません。私情を挟みたくないのなら、最初の点数に手を加えないことです」(西山氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る