<ケース4>人事考課に私情を挟む

公開日: 更新日:

項目別評価を厳守して総合点をつける

 人間は厄介な生き物だ。感情があるから、好みも出る。しかも、それは固定化し、簡単に変えられない。嫌な相手と殴り合ったあとで仲良くなるのは、マンガに出てくる不良だけ。男女の恋愛ならいざ知らず、嫌いな相手を好きになるなんてサラリーマン社会ではあり得ないのだ。

 だから、人事考課は難しい。嫌いな部下にペケをつけ、好きな部下にマルをつけたくなる。これは人間のサガだろう。

 三菱商事の社外取締役で一橋大特任教授の西山昭彦氏によると、アンケート調査で「あなたならどんな社員を評価しますか」と聞いたところ、①席が近い人②よその部署で評価されていた人③明るい性格の人――という順番だったという。業績を見て評価する人は少ないのだ。

「それだけに人事考課は恣意的になりやすいのです。これを避けるには、一つ一つの項目をクールに評価し、修正を加えないこと。日本の企業は、熱意とか取り組み方とか、さまざまな項目について5段階評価で査定し、最後に総合点を出すスタイルを採用しているところが多い。しかし、この順序を守らずに、総合点を決めてしまってから各項目を評価する人もいます。最初に“彼は評価できる”などと判断し、予想よりも総合点が低いと、各項目に戻って、点数を書き直すわけです。これではフェアな評価はできません。私情を挟みたくないのなら、最初の点数に手を加えないことです」(西山氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    統計不正の“単独犯”務まるか?中江元秘書官のポンコツ伝説

  8. 8

    特大弾含む大当たりでも…日ハム清宮への意外な酷評と課題

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

もっと見る