<ケース1>自分に非があるのに謝れない

公開日: 更新日:

手帳のメモで意識が変わる1行

「悪いのはオレ。でも、アイツには頭を下げたくない。オレは上司なんだ……」

 プライドもあれば、意地もある。自分に非があると分かっているのに、部下に対して素直に謝れない――。そんな経験を持つサラリーマンは少なくない。中には、このイライラ感を部下にぶつけてからかったり、イジメたりする男もいる。極めて幼稚な行動だが、実際にあるからサラリーマンの世界は厄介だ。

 長いサラリーマン経験を持つ人事コンサルタントの本田有明氏が言う。

「私も現役時代に似たような経験があり悩んだ覚えがあります。部下や後輩に頭を下げるのは、上司としてはなかなかできませんから。ただ、あるとき、先輩からこんな言葉を教わったんです。『“謝るときが、晴れ舞台”。そう思うといいんじゃないか』と。晴れ舞台は成功して喝采を浴びる時だけじゃない。自分に非があったとき、謝るか、謝らないか。その時の身の処し方が“逆転ヒット”につながることもある――と。あれ以来、素直に謝罪の言葉が出るようになりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  10. 10

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

もっと見る