<ケース1>自分に非があるのに謝れない

公開日:  更新日:

手帳のメモで意識が変わる1行

「悪いのはオレ。でも、アイツには頭を下げたくない。オレは上司なんだ……」

 プライドもあれば、意地もある。自分に非があると分かっているのに、部下に対して素直に謝れない――。そんな経験を持つサラリーマンは少なくない。中には、このイライラ感を部下にぶつけてからかったり、イジメたりする男もいる。極めて幼稚な行動だが、実際にあるからサラリーマンの世界は厄介だ。

 長いサラリーマン経験を持つ人事コンサルタントの本田有明氏が言う。

「私も現役時代に似たような経験があり悩んだ覚えがあります。部下や後輩に頭を下げるのは、上司としてはなかなかできませんから。ただ、あるとき、先輩からこんな言葉を教わったんです。『“謝るときが、晴れ舞台”。そう思うといいんじゃないか』と。晴れ舞台は成功して喝采を浴びる時だけじゃない。自分に非があったとき、謝るか、謝らないか。その時の身の処し方が“逆転ヒット”につながることもある――と。あれ以来、素直に謝罪の言葉が出るようになりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る