<ケース1>自分に非があるのに謝れない

公開日: 更新日:

手帳のメモで意識が変わる1行

「悪いのはオレ。でも、アイツには頭を下げたくない。オレは上司なんだ……」

 プライドもあれば、意地もある。自分に非があると分かっているのに、部下に対して素直に謝れない――。そんな経験を持つサラリーマンは少なくない。中には、このイライラ感を部下にぶつけてからかったり、イジメたりする男もいる。極めて幼稚な行動だが、実際にあるからサラリーマンの世界は厄介だ。

 長いサラリーマン経験を持つ人事コンサルタントの本田有明氏が言う。

「私も現役時代に似たような経験があり悩んだ覚えがあります。部下や後輩に頭を下げるのは、上司としてはなかなかできませんから。ただ、あるとき、先輩からこんな言葉を教わったんです。『“謝るときが、晴れ舞台”。そう思うといいんじゃないか』と。晴れ舞台は成功して喝采を浴びる時だけじゃない。自分に非があったとき、謝るか、謝らないか。その時の身の処し方が“逆転ヒット”につながることもある――と。あれ以来、素直に謝罪の言葉が出るようになりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

もっと見る