<ケース3>飲むと愚痴や説教ばかり

公開日: 更新日:

みのもんたの酒席をマネてみる

 男の正体は酒場でわかる――。サラリーマンが酒席でやってはいけないのは、愚痴や説教で場のムードを悪くすること。では、他人はどのようにして愚痴が出かかるのを自制しているのか。

 対策としては、「酒量を抑える」と「幹事役に徹する」の2つが多かった。

 タレントのミッツ・マングローブが実践するのは、「ストロー飲み」だ。ワインやビールもストローで飲むことで、全体的な量を抑えられる。長時間飲み続ける新宿2丁目界隈では常識的な飲み方だという。

 清水ミチコは何度も酩酊した自分を反省し、森三中やハリセンボンら説教をしてしまいそうな後輩を自宅に呼ぶ場合、ひたすら料理作りに専念するという。草野仁もひたすらつぎ役だ。結局、人は上座に着くと偉くなったと錯覚し、周囲も考えずに愚痴を言ってしまうようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  6. 6

    夜の街から芸能人が消えた…マスコミ「自粛警察化」の功罪

  7. 7

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  8. 8

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  9. 9

    フジ謝罪せず “テラハ事件”背景とトレンディー常務の責任

  10. 10

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

もっと見る