抜け毛は遺伝子にあらず 「5つの習慣」でハゲは悪化する

公開日: 更新日:

 髪や頭皮にダメージを与える紫外線が強まるこれからの季節。薄毛男性が何げなくやっている習慣がハゲを進行させていることがある。

 発毛治療を専門にする「脇坂クリニック大阪」の脇坂長興院長は「薄毛の運命は変えられないが、抜け毛を減らすことはできる」と言う。男性の薄毛は、たいていがAGA、つまり男性型脱毛症。遺伝的要因が大きく、父親が薄毛だと息子も薄毛になりやすい。

「しかし、遺伝だけで100%薄毛になるわけではありません。環境要因が大きく関係しています」(脇坂院長)

 つまり「遺伝子」+「習慣」で薄毛は進行する。運命はいかんともしがたいが、「習慣」は避けられる。研究で明らかになっているのは、中性脂肪と喫煙。さらに、脇坂院長が感じるのは睡眠不足。睡眠が5時間以下になると、めっきり抜け毛が増える傾向にある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    統計不正の“単独犯”務まるか?中江元秘書官のポンコツ伝説

  8. 8

    特大弾含む大当たりでも…日ハム清宮への意外な酷評と課題

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

もっと見る