【沖電気工業】職務給徹底で同期でも数百万円の差

公開日: 更新日:

「事業を多く抱える会社ではありませんが、歴史も古く堅実な社風ですから居心地はいいですね。ただ、この2年間はベースアップもありましたが、業績が低迷しているので今年は微妙です」

 こう語るのは沖電気工業のYさん(42)。電機メーカーとしては創業130年を超える老舗だが、今は事業の主力はATMとプリンター事業の2つ。15年12月の第3四半期決算では中国でのATM事業が落ち込み、前期比減収減益で苦戦している。

 Yさんの月給は約41万円。この中には妻の2万円、子供2人で8000円の家族手当が入っている。昨年のボーナスは年間約200万円。年収は約700万円だ。

「年功的賃金制度ではないので、同期でもバラツキがあります。同期の真ん中ぐらいの給与じゃないですかね。それでも同業の大手電機メーカーと比べると安いです。一応管理職層に入っていますが、部下はいません。同期で部長職もいますが、軽く1000万円は超えていると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る