【富士ゼロックス】社内改革で福利厚生にもメスが

公開日: 更新日:

「輸出も好調ですし、売り上げも伸びていますが、給与もボーナスも結果を出さないとなかなか上がりません。仲間を大事にする風土があり、居心地のいい会社ではあるんですが……」

 こう語るのはKさん(33)だ。

 同社は福利厚生や休暇制度など人事施策の先進的企業として知られるが、近年の構造改革で、その福利厚生にもメスが入ったという。

「妻の扶養手当も廃止されましたし、住宅手当も徐々に削られています。以前に比べてそれほど自慢できる制度はなくなっています」

 Kさんの基本給は約30万円。これに住宅手当など諸手当と残業代を含めて月給は約38万円。ボーナスは年間130万円。年収は600万円弱だ。

「残業は月30~40時間ですが、年々規制が厳しくなるし残業代を申告しづらい雰囲気もあって、現在は月に15~20時間程度の5万円ぐらいです。管理職にはもっと残業している人も多いですけど」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  5. 5

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  10. 10

    小室圭さん突然文書を発表…“言い訳&反論”でケジメなるか

もっと見る