【富士ゼロックス】社内改革で福利厚生にもメスが

公開日:  更新日:

「輸出も好調ですし、売り上げも伸びていますが、給与もボーナスも結果を出さないとなかなか上がりません。仲間を大事にする風土があり、居心地のいい会社ではあるんですが……」

 こう語るのはKさん(33)だ。

 同社は福利厚生や休暇制度など人事施策の先進的企業として知られるが、近年の構造改革で、その福利厚生にもメスが入ったという。

「妻の扶養手当も廃止されましたし、住宅手当も徐々に削られています。以前に比べてそれほど自慢できる制度はなくなっています」

 Kさんの基本給は約30万円。これに住宅手当など諸手当と残業代を含めて月給は約38万円。ボーナスは年間130万円。年収は600万円弱だ。

「残業は月30~40時間ですが、年々規制が厳しくなるし残業代を申告しづらい雰囲気もあって、現在は月に15~20時間程度の5万円ぐらいです。管理職にはもっと残業している人も多いですけど」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  7. 7

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  8. 8

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  9. 9

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る