【富士ゼロックス】社内改革で福利厚生にもメスが

公開日:  更新日:

「輸出も好調ですし、売り上げも伸びていますが、給与もボーナスも結果を出さないとなかなか上がりません。仲間を大事にする風土があり、居心地のいい会社ではあるんですが……」

 こう語るのはKさん(33)だ。

 同社は福利厚生や休暇制度など人事施策の先進的企業として知られるが、近年の構造改革で、その福利厚生にもメスが入ったという。

「妻の扶養手当も廃止されましたし、住宅手当も徐々に削られています。以前に比べてそれほど自慢できる制度はなくなっています」

 Kさんの基本給は約30万円。これに住宅手当など諸手当と残業代を含めて月給は約38万円。ボーナスは年間130万円。年収は600万円弱だ。

「残業は月30~40時間ですが、年々規制が厳しくなるし残業代を申告しづらい雰囲気もあって、現在は月に15~20時間程度の5万円ぐらいです。管理職にはもっと残業している人も多いですけど」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る