日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【富士ゼロックス】社内改革で福利厚生にもメスが

「輸出も好調ですし、売り上げも伸びていますが、給与もボーナスも結果を出さないとなかなか上がりません。仲間を大事にする風土があり、居心地のいい会社ではあるんですが……」

 こう語るのはKさん(33)だ。

 同社は福利厚生や休暇制度など人事施策の先進的企業として知られるが、近年の構造改革で、その福利厚生にもメスが入ったという。

「妻の扶養手当も廃止されましたし、住宅手当も徐々に削られています。以前に比べてそれほど自慢できる制度はなくなっています」

 Kさんの基本給は約30万円。これに住宅手当など諸手当と残業代を含めて月給は約38万円。ボーナスは年間130万円。年収は600万円弱だ。

「残業は月30~40時間ですが、年々規制が厳しくなるし残業代を申告しづらい雰囲気もあって、現在は月に15~20時間程度の5万円ぐらいです。管理職にはもっと残業している人も多いですけど」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事