日本酒の飲み方を変えた「100銘柄飲み放題Bar」の勝算

公開日:  更新日:

 昨年3月、池袋で産声を上げた小さな日本酒バーが急成長している。3240円を払うと、約100銘柄ある全国各地の地酒を時間制限なしで飲み比べができ、おつまみも持ち込み自由というシステム。この自由さがウケたのか、この1年間に浅草、渋谷に次々と出店し、先月は新宿に4号店をオープンした。

■年齢層は6~7割が20、30代

 運営しているのは業務用酒卸の老舗・王屋(足立区)の子会社「リカー・イノベーション」。クラウドファンディングで約293万円の資金を集め、1号店の出店にこぎ着けたという。

「若者の“酒離れ”が叫ばれて久しくなります。あまり日本酒を飲んだことがない若い人に多種多様の銘柄を飲み比べてもらい、魅力を知ってもらおうと考えました。今のところ狙いは大当たり。6~7割が20~30代のお客さまで、半数を女性が占めます」(リカー・イノベーションの辻本翔氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る