日本酒の飲み方を変えた「100銘柄飲み放題Bar」の勝算

公開日:  更新日:

 昨年3月、池袋で産声を上げた小さな日本酒バーが急成長している。3240円を払うと、約100銘柄ある全国各地の地酒を時間制限なしで飲み比べができ、おつまみも持ち込み自由というシステム。この自由さがウケたのか、この1年間に浅草、渋谷に次々と出店し、先月は新宿に4号店をオープンした。

■年齢層は6~7割が20、30代

 運営しているのは業務用酒卸の老舗・王屋(足立区)の子会社「リカー・イノベーション」。クラウドファンディングで約293万円の資金を集め、1号店の出店にこぎ着けたという。

「若者の“酒離れ”が叫ばれて久しくなります。あまり日本酒を飲んだことがない若い人に多種多様の銘柄を飲み比べてもらい、魅力を知ってもらおうと考えました。今のところ狙いは大当たり。6~7割が20~30代のお客さまで、半数を女性が占めます」(リカー・イノベーションの辻本翔氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る