• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本酒の飲み方を変えた「100銘柄飲み放題Bar」の勝算

 昨年3月、池袋で産声を上げた小さな日本酒バーが急成長している。3240円を払うと、約100銘柄ある全国各地の地酒を時間制限なしで飲み比べができ、おつまみも持ち込み自由というシステム。この自由さがウケたのか、この1年間に浅草、渋谷に次々と出店し、先月は新宿に4号店をオープンした。

■年齢層は6~7割が20、30代

 運営しているのは業務用酒卸の老舗・王屋(足立区)の子会社「リカー・イノベーション」。クラウドファンディングで約293万円の資金を集め、1号店の出店にこぎ着けたという。

「若者の“酒離れ”が叫ばれて久しくなります。あまり日本酒を飲んだことがない若い人に多種多様の銘柄を飲み比べてもらい、魅力を知ってもらおうと考えました。今のところ狙いは大当たり。6~7割が20~30代のお客さまで、半数を女性が占めます」(リカー・イノベーションの辻本翔氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る