• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本酒の飲み方を変えた「100銘柄飲み放題Bar」の勝算

 昨年3月、池袋で産声を上げた小さな日本酒バーが急成長している。3240円を払うと、約100銘柄ある全国各地の地酒を時間制限なしで飲み比べができ、おつまみも持ち込み自由というシステム。この自由さがウケたのか、この1年間に浅草、渋谷に次々と出店し、先月は新宿に4号店をオープンした。

■年齢層は6~7割が20、30代

 運営しているのは業務用酒卸の老舗・王屋(足立区)の子会社「リカー・イノベーション」。クラウドファンディングで約293万円の資金を集め、1号店の出店にこぎ着けたという。

「若者の“酒離れ”が叫ばれて久しくなります。あまり日本酒を飲んだことがない若い人に多種多様の銘柄を飲み比べてもらい、魅力を知ってもらおうと考えました。今のところ狙いは大当たり。6~7割が20~30代のお客さまで、半数を女性が占めます」(リカー・イノベーションの辻本翔氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る