“舛添流”真似するべからず…ケチと思われない上司の条件

公開日:  更新日:

「ケチだと、いつも言われているのですけれど」――東京都の舛添知事は釈明会見で開き直った。「トップリーダーが二流のホテルに泊まるのは恥ずかしいでしょ」と言いながら、ケチを恥と思わないのだから理解に苦しむ。

 ケチは醜い。品性まで疑われる。しかも舛添流は、税金だったら湯水のように使うが、自腹は切らないという考え。そこが都民には腹立たしいが、部下を抱える中高年サラリーマンは決して真似してはいけない。

 立正大教授の斎藤勇氏(心理学)が言う。

「ケチが嫌われるのは、誰もがケチの要素を持っているからなんです。みんなケチなんだけど、ケチになりたくない。それで自分よりもケチな人を見つけると、その相手を攻撃することによって、自分の身を守ろうとするのです。自我防衛機制と呼ばれるもので、これによって攻撃側は快感を覚え、気持ちが良くなる。しかも、ケチへの批判は共感を呼びやすく、『あの人はケチだよね』と言えば、みんな『そうだ、そうだ』となるのです。だからケチは攻撃されやすいし、みんなに嫌われるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る