• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“舛添流”真似するべからず…ケチと思われない上司の条件

「ケチだと、いつも言われているのですけれど」――東京都の舛添知事は釈明会見で開き直った。「トップリーダーが二流のホテルに泊まるのは恥ずかしいでしょ」と言いながら、ケチを恥と思わないのだから理解に苦しむ。

 ケチは醜い。品性まで疑われる。しかも舛添流は、税金だったら湯水のように使うが、自腹は切らないという考え。そこが都民には腹立たしいが、部下を抱える中高年サラリーマンは決して真似してはいけない。

 立正大教授の斎藤勇氏(心理学)が言う。

「ケチが嫌われるのは、誰もがケチの要素を持っているからなんです。みんなケチなんだけど、ケチになりたくない。それで自分よりもケチな人を見つけると、その相手を攻撃することによって、自分の身を守ろうとするのです。自我防衛機制と呼ばれるもので、これによって攻撃側は快感を覚え、気持ちが良くなる。しかも、ケチへの批判は共感を呼びやすく、『あの人はケチだよね』と言えば、みんな『そうだ、そうだ』となるのです。だからケチは攻撃されやすいし、みんなに嫌われるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る