“舛添流”真似するべからず…ケチと思われない上司の条件

公開日: 更新日:

「ケチだと、いつも言われているのですけれど」――東京都の舛添知事は釈明会見で開き直った。「トップリーダーが二流のホテルに泊まるのは恥ずかしいでしょ」と言いながら、ケチを恥と思わないのだから理解に苦しむ。

 ケチは醜い。品性まで疑われる。しかも舛添流は、税金だったら湯水のように使うが、自腹は切らないという考え。そこが都民には腹立たしいが、部下を抱える中高年サラリーマンは決して真似してはいけない。

 立正大教授の斎藤勇氏(心理学)が言う。

「ケチが嫌われるのは、誰もがケチの要素を持っているからなんです。みんなケチなんだけど、ケチになりたくない。それで自分よりもケチな人を見つけると、その相手を攻撃することによって、自分の身を守ろうとするのです。自我防衛機制と呼ばれるもので、これによって攻撃側は快感を覚え、気持ちが良くなる。しかも、ケチへの批判は共感を呼びやすく、『あの人はケチだよね』と言えば、みんな『そうだ、そうだ』となるのです。だからケチは攻撃されやすいし、みんなに嫌われるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  3. 3

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  4. 4

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  5. 5

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  6. 6

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  7. 7

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  8. 8

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  9. 9

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る