路線価全国第2位に 「阪急うめだ本店前」急上昇のワケ

公開日: 更新日:

 先週、相続税などの算定基準になる16年の路線価が公表された。トップはやっぱり東京・銀座の文具店「鳩居堂」前。31年連続で、1平方メートル当たり3200万円でリーマン・ショック前を上回ったという。これに続く第2位はというと、大阪駅前の阪急うめだ本店前で15年の上昇率(10.1%)をさらに上回る22.1%の上昇になった。

 バブル期並みの上昇率だが、阪急うめだ本店前はなぜ急上昇しているのか。同百貨店は12年にリニューアルオープン。大阪一の繁華街というだけでなくイメージもアップ。同百貨店は「(土地を)お貸しして営業している立場で、路線価のことについては何とも……」(広報室)と歯切れが悪いが……。

 事情通がこう語る。

「うめだ本店前があるのは大阪駅周辺で、まだ再開発の途上でこれからさらに新しくなる。今回は大阪圏の上昇が顕著ですが、背景には外国人観光客の増加もある。要はここ2、3年の中国人らの爆買いの後押しもあるということでしょう」

 金融緩和でお金が土地に流れている。“うめだ”はその象徴ということだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  2. 2

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  3. 3

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

  8. 8

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

  9. 9

    子供の「買って買って病」に抜群に効くシンプルな方法!

  10. 10

    平井堅とんだトバッチリ「4分間のマリーゴールド」低迷で

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る