• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

路線価全国第2位に 「阪急うめだ本店前」急上昇のワケ

 先週、相続税などの算定基準になる16年の路線価が公表された。トップはやっぱり東京・銀座の文具店「鳩居堂」前。31年連続で、1平方メートル当たり3200万円でリーマン・ショック前を上回ったという。これに続く第2位はというと、大阪駅前の阪急うめだ本店前で15年の上昇率(10.1%)をさらに上回る22.1%の上昇になった。

 バブル期並みの上昇率だが、阪急うめだ本店前はなぜ急上昇しているのか。同百貨店は12年にリニューアルオープン。大阪一の繁華街というだけでなくイメージもアップ。同百貨店は「(土地を)お貸しして営業している立場で、路線価のことについては何とも……」(広報室)と歯切れが悪いが……。

 事情通がこう語る。

「うめだ本店前があるのは大阪駅周辺で、まだ再開発の途上でこれからさらに新しくなる。今回は大阪圏の上昇が顕著ですが、背景には外国人観光客の増加もある。要はここ2、3年の中国人らの爆買いの後押しもあるということでしょう」

 金融緩和でお金が土地に流れている。“うめだ”はその象徴ということだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  4. 4

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  7. 7

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る