路線価全国第2位に 「阪急うめだ本店前」急上昇のワケ

公開日: 更新日:

 先週、相続税などの算定基準になる16年の路線価が公表された。トップはやっぱり東京・銀座の文具店「鳩居堂」前。31年連続で、1平方メートル当たり3200万円でリーマン・ショック前を上回ったという。これに続く第2位はというと、大阪駅前の阪急うめだ本店前で15年の上昇率(10.1%)をさらに上回る22.1%の上昇になった。

 バブル期並みの上昇率だが、阪急うめだ本店前はなぜ急上昇しているのか。同百貨店は12年にリニューアルオープン。大阪一の繁華街というだけでなくイメージもアップ。同百貨店は「(土地を)お貸しして営業している立場で、路線価のことについては何とも……」(広報室)と歯切れが悪いが……。

 事情通がこう語る。

「うめだ本店前があるのは大阪駅周辺で、まだ再開発の途上でこれからさらに新しくなる。今回は大阪圏の上昇が顕著ですが、背景には外国人観光客の増加もある。要はここ2、3年の中国人らの爆買いの後押しもあるということでしょう」

 金融緩和でお金が土地に流れている。“うめだ”はその象徴ということだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る