狙われるのは外国人観光客 悪質「無資格”ガイド」増殖中

公開日:  更新日:

 エンブレムに競技場、都知事の辞任とケチがつきまくっている東京五輪に、新たな問題が浮上している。外国人観光客を「おもてなし」するガイドが足りないのだ。

 今や年間2000万人近い訪日外国人。東京五輪に向けてさらに増加が見込まれているが、外国人観光客を“有償”でガイドするには、実は「通訳案内士」という国家資格が必要。合格率は7人に1人と狭き門で、現在1万9000人を超える登録者がいるが、定期的に活動しているのは1割程度という。なぜなら、食っていくのが難しいからだ。観光庁の調べ(2014年)では、通訳案内士の6割近くが年収200万円未満だ。

■「おもてなし」が聞いて呆れる

 そこで観光庁は13日の有識者会議で、通訳案内士以外でも有償ガイドができるようにする規制緩和を議論した。今年度中の改正法案提出を目指すというが、危うい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る