狙われるのは外国人観光客 悪質「無資格”ガイド」増殖中

公開日: 更新日:

 エンブレムに競技場、都知事の辞任とケチがつきまくっている東京五輪に、新たな問題が浮上している。外国人観光客を「おもてなし」するガイドが足りないのだ。

 今や年間2000万人近い訪日外国人。東京五輪に向けてさらに増加が見込まれているが、外国人観光客を“有償”でガイドするには、実は「通訳案内士」という国家資格が必要。合格率は7人に1人と狭き門で、現在1万9000人を超える登録者がいるが、定期的に活動しているのは1割程度という。なぜなら、食っていくのが難しいからだ。観光庁の調べ(2014年)では、通訳案内士の6割近くが年収200万円未満だ。

■「おもてなし」が聞いて呆れる

 そこで観光庁は13日の有識者会議で、通訳案内士以外でも有償ガイドができるようにする規制緩和を議論した。今年度中の改正法案提出を目指すというが、危うい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る