• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

事故で有利に 売り上げ急増「ドライブレコーダー」の実力

 交通事故の瞬間を記録するドライブレコーダー(DR)の売り上げが伸びている。市場調査会社GfKジャパンによると、2013年の販売数は約30万台だったが15年は約60万台。2年間で倍増した。同社広報部によると「カー用品店やネット販売などで一般のドライバーが購入している数字です。DRの存在を知っている人のうち保有している人は昨年10月時点で16%でした」。普及率はまだ低いようだ。

 最近、自転車が車道を走るようになったため、運転時にヒヤヒヤしている人も少なくないだろう。そのためDRを求める動きが活発化しているようだ。カー用品販売大手のオートバックスセブンに聞いた。

「免許取りたての子供のために親御さんが購入したり、夫が奥さんに買う、クルマを買い替えるついでに購入するケースが増えています。DRはマイクロSDカードに映像を書き込み、古い映像に上書きしていく仕組み。フルHD画像だとテレビで再生しても遜色ないほどきれいです。Gセンサーといって、クルマが衝撃を感じた際の20秒間の映像を自動的に保存する機能もあります。店頭価格は7000~3万円台まで幅広く揃っています」(IR・広報部の鈴木政和氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  6. 6

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  7. 7

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  10. 10

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

もっと見る