• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ついに顧客満足度4位に…スタバはなぜ不人気になったのか

 今月2日に「日本上陸20周年」を迎えたスターバックス。その“人気”にも陰りが見えている。

 サービス産業生産性協議会の調査によると、スタバの顧客満足度は2014年度の「カフェ部門」で首位だったのが、昨年度は3位に転落し、今年度は、とうとう4位とジリジリ下げてきている。今年度の首位はドトールで、2年連続。2位は同率でタリーズとベローチェだった。

 スタバは1996年8月、東京・銀座に日本1号店をオープン、13年には国内1000店を超え、いまや1198店(6月末現在)と急成長を遂げてきた。当然、売上高は右肩上がりだが、なぜ不満が高まってきたのか。生活経済ジャーナリストの柏木理佳氏はこうみる。

「かつてのスタバは店の雰囲気や接客など、飛行機にたとえるならビジネスクラスの感覚を味わえた。その割に安いと思えましたが、今は違う。店舗数の拡大に伴い、以前は採用も厳選していたという店員の質も落ちてきたように感じます。パソコン作業をしている客も多く、どうも落ち着かない。不景気で節約志向が高まっているいまのご時世、サービスの質が低下すれば、スタバを割高に感じ、満足度が下がる利用客が増えたとしても不思議ではありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  10. 10

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

もっと見る