任天堂株がストップ安 兜町の“ポケモンGO狂騒曲”は終了か

公開日: 更新日:

 兜町も「ポケモンGO」に振り回されている。25日は、先週まで爆騰を続けていた任天堂の株価が失速。ストップ安(5000円安)まで売り込まれた。

「とにかく過熱感が凄まじかったので、一度、冷静になる必要はあったでしょう。ここから先は上がる株と、そうでもない株をキッチリと見極める必要があります。ポケモンGOで遊ぶとスマホの充電があっという間になくなります。エレコムなどの充電器メーカーや、それを販売する量販店、コンビニの恩恵は大きいでしょう」(ちばぎん証券アナリストの安藤富士男氏)

 “任天堂フィーバー”の始まりは、アメリカなど3カ国で「ポケモンGO」の配信がスタートした7月6日だ。任天堂の株価は1万4380円(6日終値)だったが、その後、3万2700円まで急騰し、約2.3倍になった。

■関連銘柄も総崩れ

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    チャリティーゴルフで社会貢献 人気絶頂女子プロの“本音”

もっと見る