意外に厄介な「休眠預金」探し どうやって見つけるの?

公開日:

 衆院財務金融委員会は18日、10年以上入出金がない「休眠預金」を民間の公益活動に活用する法案を賛成多数で可決。来週にも衆院を通過し、今臨時国会で成立する見込みとなった。

 預金者からの請求があれば何年経過していても払い戻される。ただし銀行によっては取引がないまま10年が経過すると、郵送でお知らせが届くが、残高が1万円以上に限るとか、基準や通知方法はそれぞれ。新たな転居先に転送する手続きを取っていなかったり、1万円未満の場合は自分で調べるしかない。

 心当たりがあれば、預金を引き出せばいいだけだが、口座をつくったことさえ忘れて長時間ほったらかしにしたり、知らないところで自分名義の口座が開設されていることもある。

「例えば家賃の振替用口座をつくり、別のところに引っ越してそのままにしている。預金が残っているのに0円だと勘違いしたり、残高は0円でもその後の還付金などで0円口座ではなくなっていることもある。また父親が家族に黙って本人名義で別の口座、あるいは嫁や子どもの名義で口座をつくり、誰にも伝えずに亡くなるケースもあります」(銀行関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る