意外に厄介な「休眠預金」探し どうやって見つけるの?

公開日:

 衆院財務金融委員会は18日、10年以上入出金がない「休眠預金」を民間の公益活動に活用する法案を賛成多数で可決。来週にも衆院を通過し、今臨時国会で成立する見込みとなった。

 預金者からの請求があれば何年経過していても払い戻される。ただし銀行によっては取引がないまま10年が経過すると、郵送でお知らせが届くが、残高が1万円以上に限るとか、基準や通知方法はそれぞれ。新たな転居先に転送する手続きを取っていなかったり、1万円未満の場合は自分で調べるしかない。

 心当たりがあれば、預金を引き出せばいいだけだが、口座をつくったことさえ忘れて長時間ほったらかしにしたり、知らないところで自分名義の口座が開設されていることもある。

「例えば家賃の振替用口座をつくり、別のところに引っ越してそのままにしている。預金が残っているのに0円だと勘違いしたり、残高は0円でもその後の還付金などで0円口座ではなくなっていることもある。また父親が家族に黙って本人名義で別の口座、あるいは嫁や子どもの名義で口座をつくり、誰にも伝えずに亡くなるケースもあります」(銀行関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る