「高額=安全」は幻…有料老人ホーム選びの“落とし穴”

公開日:

 有料老人ホームの「地獄」を赤裸々に語ってくれたのは、元学校教師のAさんだ。

 認知症とがんを患う元医師の兄(80代)は一人暮らし。妹であるAさんは通いで面倒を見ていたが、体力に限界を感じ、有料老人ホームを探した。

「医師の往診がある」「看護師が常駐」「入所者2人に1人のヘルパー」が決め手となった施設の月額費用は約50万円。高額だからこそ安心だとAさんは考えた。

 しかし、その信頼はすぐに裏切られた。

「入所そうそう、兄が一日中ボーッとするようになりました。『認知症で大変だから』と勝手に薬を飲まされていたのです。足が動かなくなり、オムツを着けられ、寝たきりに。入所前はトイレも自力歩行でできていたのに」

 往診の医師はいるが、検査が必要でも「病院の都合」と何日も待たされる。看護師は常駐だが、交代勤務で情報伝達がなされていない。ヘルパーに関しては「入所者2人に1人」とは思えない状況。施設がアピールしていたことは嘘ではないが、真実でもなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る