• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ペット同伴、芸能人も経営? “変わり種老人ホーム”が続々

■大運動会に200人が熱狂する「あかしや」=北海道幕別町


 北海道十勝の老健で毎年6月に開催される「あかしや大運動会」。総勢200人が4チームに分かれ、優勝を目指す。

「ただし、参加選手のほとんどが車椅子。玉入れは玉が入らず、アメ食い競走は職員が代行して行います」(関係者)

■ペットと同伴入居できる「ウエルハイム・八王子」=東京都八王子市

 ペットを生涯の伴侶と位置付けるのが、ホームの方針。飼い主が高齢となって飼育困難になった場合は、職員が代行して世話をする。ただし、ペットは犬と猫に限る。

■有名芸能人が経営? 「銀木犀」=千葉県鎌ケ谷市

 華原朋美(42)ではなく、その実兄の下河原忠道氏(シルバーウッド社長)が経営するサービス付き高齢者向け住宅。シルバー世代をもじって、金木犀ならぬ銀木犀と名付けられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事