プライベートもタバコNG 大手IT企業の仰天「就業規則」

公開日: 更新日:

 さすがにやりすぎではないか――。東証1部上場のITサービス大手「SCSK」が、〈社員同士のプライベートな懇親会でも喫煙禁止〉という就業規則を導入し、全国の愛煙家に衝撃を与えている。

 SCSKは、住商情報システムとCSKが合併して誕生した社員7000人の大手企業。“健康経営”を掲げるSCSKは、2013年に喫煙ルームを完全撤去するなど、数年前から受動喫煙防止に取り組んできたという。しかし、就業時間外まで禁煙を強いるのは前代未聞だ。

「たとえ社員2、3人で仕事帰りに居酒屋で一杯やる時でも喫煙を禁じるようにしました。社員同士でゴルフに行った時や同期会も禁煙です。10月1日から就業規則に追加しましたが、社員から反発、批判、不満は一切出ていません」(SCSK広報部)

 しかし、いくら受動喫煙防止のためとはいえ、プライベートまで個人の嗜好を制限するのは、行き過ぎなのではないか。7000人の社員から文句が出ないのも不思議だ。愛煙家として知られる経済アナリストの森永卓郎氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  5. 5

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

もっと見る