• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

プライベートもタバコNG 大手IT企業の仰天「就業規則」

 さすがにやりすぎではないか――。東証1部上場のITサービス大手「SCSK」が、〈社員同士のプライベートな懇親会でも喫煙禁止〉という就業規則を導入し、全国の愛煙家に衝撃を与えている。

 SCSKは、住商情報システムとCSKが合併して誕生した社員7000人の大手企業。“健康経営”を掲げるSCSKは、2013年に喫煙ルームを完全撤去するなど、数年前から受動喫煙防止に取り組んできたという。しかし、就業時間外まで禁煙を強いるのは前代未聞だ。

「たとえ社員2、3人で仕事帰りに居酒屋で一杯やる時でも喫煙を禁じるようにしました。社員同士でゴルフに行った時や同期会も禁煙です。10月1日から就業規則に追加しましたが、社員から反発、批判、不満は一切出ていません」(SCSK広報部)

 しかし、いくら受動喫煙防止のためとはいえ、プライベートまで個人の嗜好を制限するのは、行き過ぎなのではないか。7000人の社員から文句が出ないのも不思議だ。愛煙家として知られる経済アナリストの森永卓郎氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る