プライベートもタバコNG 大手IT企業の仰天「就業規則」

公開日: 更新日:

 さすがにやりすぎではないか――。東証1部上場のITサービス大手「SCSK」が、〈社員同士のプライベートな懇親会でも喫煙禁止〉という就業規則を導入し、全国の愛煙家に衝撃を与えている。

 SCSKは、住商情報システムとCSKが合併して誕生した社員7000人の大手企業。“健康経営”を掲げるSCSKは、2013年に喫煙ルームを完全撤去するなど、数年前から受動喫煙防止に取り組んできたという。しかし、就業時間外まで禁煙を強いるのは前代未聞だ。

「たとえ社員2、3人で仕事帰りに居酒屋で一杯やる時でも喫煙を禁じるようにしました。社員同士でゴルフに行った時や同期会も禁煙です。10月1日から就業規則に追加しましたが、社員から反発、批判、不満は一切出ていません」(SCSK広報部)

 しかし、いくら受動喫煙防止のためとはいえ、プライベートまで個人の嗜好を制限するのは、行き過ぎなのではないか。7000人の社員から文句が出ないのも不思議だ。愛煙家として知られる経済アナリストの森永卓郎氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  6. 6

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  7. 7

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  10. 10

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

もっと見る