“節約のプロ”丸山晴美さん 会社員小遣い増のコツを伝授

公開日: 更新日:

 ランチはワンコイン、飲み代は1回5000円──。新生銀行のお小遣い調査(2016年)によると、これが男性会社員の平均的な姿だそうだ。1カ月のお小遣いは3万7873円。ただし、社会人だけの世帯はちょっとリッチで4万円を超える。一方で、未就学児と小学生がいる世帯(2万5457円)や中高生だけがいる世帯(2万6698円)は、3万円にも届かない。

 最近は共働きで財布も別々という夫婦が増えているようだが、依然として小遣い派は多い。いったいどうすれば、金額を増やせるのか。

 節約アドバイザーの丸山晴美氏は、「まずは家計の見直しに積極的に関わるべき」と言う。

「すぐに効果が見込めるのは通信費ですね。家族4人で大手スマホを利用していると、月額8000円×4=3万2000円ぐらいは飛んでいきます。格安スマホなら、月額3000円×4=1万2000円程度に抑えられるので、合計2万円の節約が可能。電気代とガス代も手を付けたいですね。電力に続き、来年4月には都市ガスも自由化されます。これに合わせて節約ができれば、お小遣いアップの交渉もやりやすいはず。自分で動かなければ、お小遣いは増えませんよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  3. 3

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  6. 6

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  7. 7

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

  8. 8

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

もっと見る