• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

なんとコスト0円 妻がうなる掃除力抜群3アイテム

「100均でお掃除グッズ買ってきて」――妻の手伝いで買い物して帰ってくると、「余計な物ばかり買ってきて、ムダ遣いしないでよ」と罵られた。せっかくのクリスマス連休だ。小言をいわれることなく、掃除力を見せつけて、妻を見返してみよう。

 そんなとき、頼るのは100円ショップでもスーパーでもない。お掃除グッズを使わずに掃除するのだ。ズバリ、「塩」「ミカンの皮」「卵の殻」の3つだ。どれも家庭にあるものだから、妻にガミガミいわれる心配もないが、効果は?

 まず、「塩」は、窓枠のゴムパッキンの黒ずみを取るために使う。実はこのテク、家事代行サービス「CaSy」が今月13日に家事の裏技日本一を決めるコンテスト「カジ―裏技選手権」を開催したところ、第1位に輝いたもの。

「①窓枠のゴム部分に塩を振りかけ②指で汚れたところをこすり③残った塩を雑巾などで拭き取るだけです。あまりに簡単なやり方と絶大な効果に会場は『すごーい』とあちこちから驚きの声が上がりました」(広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る