なんとコスト0円 妻がうなる掃除力抜群3アイテム

公開日: 更新日:

「100均でお掃除グッズ買ってきて」――妻の手伝いで買い物して帰ってくると、「余計な物ばかり買ってきて、ムダ遣いしないでよ」と罵られた。せっかくのクリスマス連休だ。小言をいわれることなく、掃除力を見せつけて、妻を見返してみよう。

 そんなとき、頼るのは100円ショップでもスーパーでもない。お掃除グッズを使わずに掃除するのだ。ズバリ、「塩」「ミカンの皮」「卵の殻」の3つだ。どれも家庭にあるものだから、妻にガミガミいわれる心配もないが、効果は?

 まず、「塩」は、窓枠のゴムパッキンの黒ずみを取るために使う。実はこのテク、家事代行サービス「CaSy」が今月13日に家事の裏技日本一を決めるコンテスト「カジ―裏技選手権」を開催したところ、第1位に輝いたもの。

「①窓枠のゴム部分に塩を振りかけ②指で汚れたところをこすり③残った塩を雑巾などで拭き取るだけです。あまりに簡単なやり方と絶大な効果に会場は『すごーい』とあちこちから驚きの声が上がりました」(広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  4. 4

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  5. 5

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る