なんとコスト0円 妻がうなる掃除力抜群3アイテム

公開日: 更新日:

「100均でお掃除グッズ買ってきて」――妻の手伝いで買い物して帰ってくると、「余計な物ばかり買ってきて、ムダ遣いしないでよ」と罵られた。せっかくのクリスマス連休だ。小言をいわれることなく、掃除力を見せつけて、妻を見返してみよう。

 そんなとき、頼るのは100円ショップでもスーパーでもない。お掃除グッズを使わずに掃除するのだ。ズバリ、「塩」「ミカンの皮」「卵の殻」の3つだ。どれも家庭にあるものだから、妻にガミガミいわれる心配もないが、効果は?

 まず、「塩」は、窓枠のゴムパッキンの黒ずみを取るために使う。実はこのテク、家事代行サービス「CaSy」が今月13日に家事の裏技日本一を決めるコンテスト「カジ―裏技選手権」を開催したところ、第1位に輝いたもの。

「①窓枠のゴム部分に塩を振りかけ②指で汚れたところをこすり③残った塩を雑巾などで拭き取るだけです。あまりに簡単なやり方と絶大な効果に会場は『すごーい』とあちこちから驚きの声が上がりました」(広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  7. 7

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  8. 8

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

もっと見る