遺体管理の識者が問題提起 「病理解剖」臓器廃棄の現実

公開日:  更新日:

 病死した患者の遺体を解剖し、臓器などを観察する「病理解剖」。病院側が遺族の承諾の下、生前の診断や治療が正しかったのかを確認し、新しい治療法を探る上で重要なサンプルになる。生前の様子も調べられるので、死因に疑問を持った遺族の“納得”にもつながる。

 日本病理学会によると、病理解剖は2013年に全国で1万1353件、14年に1万1067件。ここ数年は年間1万1000件以上、行われている。

 いま問題になっているのは、病理解剖後の臓器の“扱い”だ。南関東にある私大医学部付属病院関係者が言う。

「病理解剖で摘出された臓器は、一部の民間病院で、廃棄物として産業廃棄物業者に引き渡し、感染性廃棄物として焼却処分を行っています。すべての病院がそうだとは言いませんが、“ゴミ”として捨てているところもあるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る