• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

1923年以降のデータで特定 自然災害“低リスク”エリア

 リタイア後の移住先は安全性も考えたい。昨年末発売の「2017年版 住みたい田舎ベストランキング」(宝島社)で3位になった富山県南砺市は、自然災害が少ないことが順位に影響したようだ。確かに富山は、気象庁の記録がある1923年以降、現在まで震度5弱以上の地震は起きていない。水害の少ない地域としても知られる。

 実際、全国で自然災害リスクの低い都道府県はどこなのか。例えば地震は気象庁のデータから、23年から現在まで、震度5弱以上の地震が起きていない場所を特定できる。富山をはじめ、岡山、佐賀など別表①の10県だ。同じく気象庁のデータから、活火山のない県を調べると、埼玉、千葉など21府県(別表②)が該当した。

 台風や大雨などの水害被害は、「国交省の水害被害額」から分かる。別表③は、2013年から15年(15年は暫定値)の過去3年で被害額が少なかった順に上位10府県を並べた。むろん絶対ではないが、自然災害が起こりにくい土地かどうかは判断できそうだ。立命館大歴史都市防災研究所教授の高橋学氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る