1923年以降のデータで特定 自然災害“低リスク”エリア

公開日:  更新日:

 リタイア後の移住先は安全性も考えたい。昨年末発売の「2017年版 住みたい田舎ベストランキング」(宝島社)で3位になった富山県南砺市は、自然災害が少ないことが順位に影響したようだ。確かに富山は、気象庁の記録がある1923年以降、現在まで震度5弱以上の地震は起きていない。水害の少ない地域としても知られる。

 実際、全国で自然災害リスクの低い都道府県はどこなのか。例えば地震は気象庁のデータから、23年から現在まで、震度5弱以上の地震が起きていない場所を特定できる。富山をはじめ、岡山、佐賀など別表①の10県だ。同じく気象庁のデータから、活火山のない県を調べると、埼玉、千葉など21府県(別表②)が該当した。

 台風や大雨などの水害被害は、「国交省の水害被害額」から分かる。別表③は、2013年から15年(15年は暫定値)の過去3年で被害額が少なかった順に上位10府県を並べた。むろん絶対ではないが、自然災害が起こりにくい土地かどうかは判断できそうだ。立命館大歴史都市防災研究所教授の高橋学氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る