• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ゴシゴシ洗いはNG 白い粉吹く「乾燥肌」入浴法で解消する

 女性に限らずこの時季注意したいのが「乾燥肌」だ。カサついた肌は見た目が悪いだけでなく、かゆみからイライラが募り、思わぬ対人トラブルを招いたり、集中力が落ちて日常生活に支障を来すこともあるため要注意だ。「めぐろ皮膚科クリニック」(東京・目黒)の深野祐子院長に聞いた。

「空気が乾燥するこの時季から春先にかけて増えてくるのが乾燥肌です。一般的に皮膚科は虫刺されやとびひ、あせもが増える夏が忙しいといわれますが、今は乾燥肌に伴う疾患に悩む方が多いですね」

 通常、セラミドなどの細胞間脂質と天然保湿因子といった成分が肌の水分を保ち、皮脂と汗が入り混じり、皮膚の表面に膜を張り潤いを保っている。寒くなって汗をかかなくなることに加え、空気が乾燥することで肌は潤いを失う。この状態が「乾皮症」だ。

「乾皮症を来しやすいのは、肘から下の部分や二の腕、すねといった皮脂が少ない部分です。カサカサするだけでなく、ひどいときには白く粉を吹いたようになります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

  10. 10

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

もっと見る