ゴシゴシ洗いはNG 白い粉吹く「乾燥肌」入浴法で解消する

公開日:

 女性に限らずこの時季注意したいのが「乾燥肌」だ。カサついた肌は見た目が悪いだけでなく、かゆみからイライラが募り、思わぬ対人トラブルを招いたり、集中力が落ちて日常生活に支障を来すこともあるため要注意だ。「めぐろ皮膚科クリニック」(東京・目黒)の深野祐子院長に聞いた。

「空気が乾燥するこの時季から春先にかけて増えてくるのが乾燥肌です。一般的に皮膚科は虫刺されやとびひ、あせもが増える夏が忙しいといわれますが、今は乾燥肌に伴う疾患に悩む方が多いですね」

 通常、セラミドなどの細胞間脂質と天然保湿因子といった成分が肌の水分を保ち、皮脂と汗が入り混じり、皮膚の表面に膜を張り潤いを保っている。寒くなって汗をかかなくなることに加え、空気が乾燥することで肌は潤いを失う。この状態が「乾皮症」だ。

「乾皮症を来しやすいのは、肘から下の部分や二の腕、すねといった皮脂が少ない部分です。カサカサするだけでなく、ひどいときには白く粉を吹いたようになります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る