• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ゴシゴシ洗いはNG 白い粉吹く「乾燥肌」入浴法で解消する

 女性に限らずこの時季注意したいのが「乾燥肌」だ。カサついた肌は見た目が悪いだけでなく、かゆみからイライラが募り、思わぬ対人トラブルを招いたり、集中力が落ちて日常生活に支障を来すこともあるため要注意だ。「めぐろ皮膚科クリニック」(東京・目黒)の深野祐子院長に聞いた。

「空気が乾燥するこの時季から春先にかけて増えてくるのが乾燥肌です。一般的に皮膚科は虫刺されやとびひ、あせもが増える夏が忙しいといわれますが、今は乾燥肌に伴う疾患に悩む方が多いですね」

 通常、セラミドなどの細胞間脂質と天然保湿因子といった成分が肌の水分を保ち、皮脂と汗が入り混じり、皮膚の表面に膜を張り潤いを保っている。寒くなって汗をかかなくなることに加え、空気が乾燥することで肌は潤いを失う。この状態が「乾皮症」だ。

「乾皮症を来しやすいのは、肘から下の部分や二の腕、すねといった皮脂が少ない部分です。カサカサするだけでなく、ひどいときには白く粉を吹いたようになります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  6. 6

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  7. 7

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る