東京五輪に向けて“酔活” 八重洲地下街で飲みながら英会話

公開日:

「朝活」という言葉がはやり始めたのは2008年ごろから。早起きして、勉強や交流会、趣味などに励み、朝の時間を有効活用することだ。

 “夜活”はどうか。こちらは、サラリーマンの「“飲み”意外の選択肢」としてのアフター5の過ごし方を指したが、朝活ほどは定着しなかったのが実情だろう。

 そこで、というわけでもないが、今度は東京駅の八重洲地下街で、「酔活」イベントが開かれるという。いったい何か?

「正式名称は『居酒屋英会話―インバウンド酔活』です。文字通り、居酒屋でお酒を飲みながら英語のコミュニケーション力を高めていこうというイベントです。たとえば、行きつけの居酒屋で外国人観光客と相席になったらどうします? お互いに自己紹介をして、旅の目的や観光スポットについて会話をするはず。今回は2人のネーティブ講師を招いて指導してもらいますので、英会話初心者も安心。東京五輪が3年後に迫っており、今後も増えるであろう海外からのお客さまと近づく第一歩を東京駅から踏み出そうということです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る