東京五輪に向けて“酔活” 八重洲地下街で飲みながら英会話

公開日: 更新日:

「朝活」という言葉がはやり始めたのは2008年ごろから。早起きして、勉強や交流会、趣味などに励み、朝の時間を有効活用することだ。

 “夜活”はどうか。こちらは、サラリーマンの「“飲み”意外の選択肢」としてのアフター5の過ごし方を指したが、朝活ほどは定着しなかったのが実情だろう。

 そこで、というわけでもないが、今度は東京駅の八重洲地下街で、「酔活」イベントが開かれるという。いったい何か?

「正式名称は『居酒屋英会話―インバウンド酔活』です。文字通り、居酒屋でお酒を飲みながら英語のコミュニケーション力を高めていこうというイベントです。たとえば、行きつけの居酒屋で外国人観光客と相席になったらどうします? お互いに自己紹介をして、旅の目的や観光スポットについて会話をするはず。今回は2人のネーティブ講師を招いて指導してもらいますので、英会話初心者も安心。東京五輪が3年後に迫っており、今後も増えるであろう海外からのお客さまと近づく第一歩を東京駅から踏み出そうということです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    星野源「MIU404」での変幻自在 “平匡さん”から演技ガラリ

  10. 9

    泉佐野市“ふるさと納税バトル”逆転勝訴 安倍強権が赤っ恥

  11. 10

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

もっと見る