日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

うつ病発症に専門外来まで “婚活地獄”ですり減る女性たち

「東京タラレバ娘」「突然ですが、明日結婚します」など、結婚したい女子が主役のドラマが話題だ。世の中の婚活ブームは相変わらずで、結婚相談所や婚活サイト、婚活パーティーなどの「婚活サービス」で相手を探す人も多い。リクルートマーケティングパートナーズの「婚活実態調査2016」によると、恋愛・結婚を求める恋人のいない独身者の約6人に1人が、こうした婚活サービスを利用していた。そして実際に結婚した人の10人に1人近くは、それで相手を見つけていたのだ。

 もっとも、多大な時間とお金を投じても、結婚できるとは限らない。いつも相手に断られ、うつ状態になる「婚活疲労症候群」に陥る女子も増えているという。最近は「婚活疲労外来」を設置する病院まで増えてきた。

 目指すのは幸せな結婚なのに、そのために頑張ると心が病んでいく。原因は、婚活サービスを提供する側が、女子会員に厳しい要求を突き付けるところにあるようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事