• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ちんや」に聞いた 胃もたれしない霜降り牛肉の違いは?

 適サシ宣言が波紋を広げている。適サシとは、適度な脂肪(サシ)の霜降り牛肉のこと。それをブチ上げたのが、明治13年創業の浅草雷門すぐの老舗「すき焼 ちんや」の6代目住吉史彦氏とあって、飲食業界はもとより、肉好きの人もこぞって“サシ論議”が沸き起こっている。ウマい牛肉とは何なのか。6代目を直撃した。

「赤身のウマ味と脂の甘味がちょうどいいあんばいにバランスした肉が、おいしい牛肉です。バランス? サシの割合が、肉全体の30%くらい。決して霜降りを否定したわけではないのに、適サシ宣言が拡散するにつれて、私があたかも否定したかのような情報がネットに広まって参りましたよ。店のHPもダウンしちゃいましてね」

 具体的に適サシ肉は、「月齢30カ月」まで肥育した「和牛のメス」で、「4等級」。そこに至るまでは、見過ごせない流れがあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  7. 7

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る