「ちんや」に聞いた 胃もたれしない霜降り牛肉の違いは?

公開日:

 適サシ宣言が波紋を広げている。適サシとは、適度な脂肪(サシ)の霜降り牛肉のこと。それをブチ上げたのが、明治13年創業の浅草雷門すぐの老舗「すき焼 ちんや」の6代目住吉史彦氏とあって、飲食業界はもとより、肉好きの人もこぞって“サシ論議”が沸き起こっている。ウマい牛肉とは何なのか。6代目を直撃した。

「赤身のウマ味と脂の甘味がちょうどいいあんばいにバランスした肉が、おいしい牛肉です。バランス? サシの割合が、肉全体の30%くらい。決して霜降りを否定したわけではないのに、適サシ宣言が拡散するにつれて、私があたかも否定したかのような情報がネットに広まって参りましたよ。店のHPもダウンしちゃいましてね」

 具体的に適サシ肉は、「月齢30カ月」まで肥育した「和牛のメス」で、「4等級」。そこに至るまでは、見過ごせない流れがあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  5. 5

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る