シーズン到来で注目 花粉から逃げられる“避粉地”どこだ?

公開日:

 環境省の花粉観測システムも今月からスタートし、いよいよ花粉症シーズン到来だ。日本気象協会によると、今年の花粉飛散数は、近畿地方が前シーズン比で2.9倍、九州2.7倍、四国2.6倍、東海2.4倍になる見込み。一方、関東甲信は0.7倍と、やや少ない。ウェザーマップの気象予報士、片山由紀子氏がこう言う。

「花粉量は前年の夏の天候に左右されます。晴れの日が続き、花芽が育てば花粉が増える。そのため西日本では今年の花粉量は多くなる。一方、関東では昨年、台風や悪天候の日が続いたので、今年は花粉の影響が少ない。東京、神奈川、千葉など南関東は昨年の4分の1程度の見込みです」

 花粉が飛ばない地域、いわゆる「避粉地」での一時的な勤務を認める都内のITベンチャーもあるが、そんな優しい会社は皆無。せめて週末か、春の小旅行ぐらいは花粉から逃げ出したい!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る