• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

シーズン到来で注目 花粉から逃げられる“避粉地”どこだ?

 環境省の花粉観測システムも今月からスタートし、いよいよ花粉症シーズン到来だ。日本気象協会によると、今年の花粉飛散数は、近畿地方が前シーズン比で2.9倍、九州2.7倍、四国2.6倍、東海2.4倍になる見込み。一方、関東甲信は0.7倍と、やや少ない。ウェザーマップの気象予報士、片山由紀子氏がこう言う。

「花粉量は前年の夏の天候に左右されます。晴れの日が続き、花芽が育てば花粉が増える。そのため西日本では今年の花粉量は多くなる。一方、関東では昨年、台風や悪天候の日が続いたので、今年は花粉の影響が少ない。東京、神奈川、千葉など南関東は昨年の4分の1程度の見込みです」

 花粉が飛ばない地域、いわゆる「避粉地」での一時的な勤務を認める都内のITベンチャーもあるが、そんな優しい会社は皆無。せめて週末か、春の小旅行ぐらいは花粉から逃げ出したい!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る