シーズン到来で注目 花粉から逃げられる“避粉地”どこだ?

公開日:

 環境省の花粉観測システムも今月からスタートし、いよいよ花粉症シーズン到来だ。日本気象協会によると、今年の花粉飛散数は、近畿地方が前シーズン比で2.9倍、九州2.7倍、四国2.6倍、東海2.4倍になる見込み。一方、関東甲信は0.7倍と、やや少ない。ウェザーマップの気象予報士、片山由紀子氏がこう言う。

「花粉量は前年の夏の天候に左右されます。晴れの日が続き、花芽が育てば花粉が増える。そのため西日本では今年の花粉量は多くなる。一方、関東では昨年、台風や悪天候の日が続いたので、今年は花粉の影響が少ない。東京、神奈川、千葉など南関東は昨年の4分の1程度の見込みです」

 花粉が飛ばない地域、いわゆる「避粉地」での一時的な勤務を認める都内のITベンチャーもあるが、そんな優しい会社は皆無。せめて週末か、春の小旅行ぐらいは花粉から逃げ出したい!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

もっと見る