てるみくらぶ内定者58人“争奪戦” 救済の裏に深刻人手不足

公開日:  更新日:

 経営破綻した旅行会社「てるみくらぶ」の内定者58人に救済の手が差し伸べられている。内定を取り消された新卒者を他社が採用すると名乗り出たのだ。

 最初に手を挙げたのが警備会社「JSS」。28日午前中に同社の社長がツイッターに〈てるみくらぶに内定されてた新卒の方は無試験で(略)採用させていただきます〉と書き込んだ。同日夕方、「財団法人 宿泊施設活性化機構(JALF)」もフェイスブックで〈「その身柄、JALFで引き受けます」キャンペーンを行います〉と公告。さらに29日、「弁護士法人アディーレ法律事務所」がHPで〈選考なしで採用いたします!〉と発表するなど、三つ巴の争奪戦だ。

 3社とも入社直前に内定を取り消された学生に同情しての決定。試験も面接もせず、てるみくらぶから内定を受けたことを証明する書類があれば即採用する。採用枠も大きい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る