旬は冬が“通説”だが…三陸の牡蠣は「春がウマい」なぜ?

公開日: 更新日:

 冬は真牡蠣、夏は岩牡蠣。生牡蠣を通年提供するオイスターバーが広まったとはいえ、これが“通説”だろう。しかし、岩手・三陸の牡蠣は今が旬だ。たとえば、釜石の「桜満開牡蠣」は先月2日から今年の出荷を開始。陸前高田の「雪解け牡蠣」は今月1日解禁したばかりだ。

 記者が「桜満開牡蠣」を取り扱う千葉・浦安魚市場の鮮魚店・泉銀にうかがうと、1個が大きいこと、大きいこと。何と男の手のひらサイズに驚いた(写真)。まるで岩牡蠣のようである。

「これ目当てのお客さんがいるくらいだからね。ウマいよぉ」(大将の森田釣竿さん)

 身はプルンと滑らか、濃厚なエキスがジュワッと口に広がる。「海のミルク」とは、よくぞ言った。

 それにしても、なぜ春なのか。「桜満開牡蠣」を販売する釜石プラットフォームを直撃した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  4. 4

    立憲・枝野幸男代表が苦言「今の会見は15分で切っちゃう」

  5. 5

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  6. 6

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  7. 7

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  8. 8

    元テレ朝・竹内由恵アナもう復帰…大物フリーアナ戦々恐々

  9. 9

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

  10. 10

    ウソウソウソ…恥を知らない“無敵の人”に監視される我々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る