旬は冬が“通説”だが…三陸の牡蠣は「春がウマい」なぜ?

公開日: 更新日:

 冬は真牡蠣、夏は岩牡蠣。生牡蠣を通年提供するオイスターバーが広まったとはいえ、これが“通説”だろう。しかし、岩手・三陸の牡蠣は今が旬だ。たとえば、釜石の「桜満開牡蠣」は先月2日から今年の出荷を開始。陸前高田の「雪解け牡蠣」は今月1日解禁したばかりだ。

 記者が「桜満開牡蠣」を取り扱う千葉・浦安魚市場の鮮魚店・泉銀にうかがうと、1個が大きいこと、大きいこと。何と男の手のひらサイズに驚いた(写真)。まるで岩牡蠣のようである。

「これ目当てのお客さんがいるくらいだからね。ウマいよぉ」(大将の森田釣竿さん)

 身はプルンと滑らか、濃厚なエキスがジュワッと口に広がる。「海のミルク」とは、よくぞ言った。

 それにしても、なぜ春なのか。「桜満開牡蠣」を販売する釜石プラットフォームを直撃した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  8. 8

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  9. 9

    森七菜に二宮和也もデレデレ…男を“骨抜きトーク”は計算か

  10. 10

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

もっと見る