旬は冬が“通説”だが…三陸の牡蠣は「春がウマい」なぜ?

公開日:

 冬は真牡蠣、夏は岩牡蠣。生牡蠣を通年提供するオイスターバーが広まったとはいえ、これが“通説”だろう。しかし、岩手・三陸の牡蠣は今が旬だ。たとえば、釜石の「桜満開牡蠣」は先月2日から今年の出荷を開始。陸前高田の「雪解け牡蠣」は今月1日解禁したばかりだ。

 記者が「桜満開牡蠣」を取り扱う千葉・浦安魚市場の鮮魚店・泉銀にうかがうと、1個が大きいこと、大きいこと。何と男の手のひらサイズに驚いた(写真)。まるで岩牡蠣のようである。

「これ目当てのお客さんがいるくらいだからね。ウマいよぉ」(大将の森田釣竿さん)

 身はプルンと滑らか、濃厚なエキスがジュワッと口に広がる。「海のミルク」とは、よくぞ言った。

 それにしても、なぜ春なのか。「桜満開牡蠣」を販売する釜石プラットフォームを直撃した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  10. 10

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

もっと見る