年間700軒超訪問 寺門ジモンが絶賛する“至極の鶏グルメ”

公開日: 更新日:

世界でもなかなかお目にかかれない「タンドリーチキン」

「生きるために食べるんじゃない。食べるために生きている。だから、食べることに照準を合わせた生活を送っています」

 こう豪語するのは、芸能界きっての肉通で知られる寺門ジモン(54)。食べ歩き予約を優先し、テッペン(午前0時)を越えそうな仕事は断るほどだ。年間700軒以上を回る食い道楽をうならせる逸品がある。価値観を一変させた至極の鶏グルメは――。

■Khyber

 銀座4丁目交差点から徒歩5分ほど。昭和通り沿いに北インド料理店「Khyber」(カイバル)がある。天井が高く、広々とした店内はエキゾチックながら落ち着いた雰囲気も共存する大人の空間だ。

「12歳から食べ歩きを始めて、いまでは世界中を回っているんですけど、インドで食べたタンドリーチキンと同じ味を出しているのはこの店だけ。オーナーに聞いたら、コックさんを北インドからわざわざ呼び寄せたって言うんだよ。向こうでオーディションを開いて、これだっていう熟練コックさんを選んでね。だからスパイスの配合が本物。しっかりしたタンドール窯で焼いているから、香ばしさも本物。絶妙な苦味もたまらないね。本物と本物を遠く離れた日本で味わえるって、まさに本物だよね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る