• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

旅行ライターがアドバイス 危ない旅行業者はこう見分ける

 GWまで2週間。今年は最大9連休で、旅行にはもってこいだが、いきなり経営破綻した「てるみくらぶ騒動」が冷や水をぶっかけた。観光庁によると、ネット専業のOTA(オンライン・トラベル・エージェント)を含め、旅行業者は全国で9321社にのぼるという(2016年4月現在)。ババを引かない業者選びは――?

「旅行業者の登録区分や、弁済業務保証金制度のある日本旅行業協会(JATA)あるいは全国旅行業協会(ANTA)といった業界団体への加入が信用度の最低限の判断材料になります。ただ、登録や加入は当然として、それだけに頼ってはいけない。てるみくらぶは最高ランクの第1種旅行業者だったものの、出し抜けに倒産。JATA正会員でしたが、補償申請が弁済限度額(1億2000万円)を大幅超過する見通しで、返金はほぼ期待できません」(旅行媒体関係者)

 旅行業者は財務基盤や業務範囲などによって第1種(708社)、第2種(2827社)、第3種(5668社)、地域限定(118社)に4区分されている。唯一、海外ツアーを販売できる第1種は観光庁の管轄。業界団体入りすれば、資本金4400万円以上でクリアできる。てるみくらぶの資本金は6000万円だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る