• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

てるみ内定取り消し35人に40社 旅行業界“人気薄”の深刻

 やはり人手不足のようだ――。

 今月8日、経営破綻した「てるみくらぶ」から内定を取り消された大学生らを対象に旅行業界の合同企業説明会が開催された。主催は「日本旅行業協会」で、当日は内定取り消し者58人のうち35人が参加。旅行会社を中心に40社が殺到する“売り手市場”となった。「内訳は男性11人と女性24人です。内定をもらい、すでに上京したのに就職できない人たちのために開催しました。活発な面談ができたと思っています」(同協会広報室)

 先日、大手法律事務所や警備会社、宿泊施設関係の財団法人なども58人の受け入れを表明。いまビジネス界は人手不足で、旅行業界も例外ではない。

 旅行ライターの五嶋幸一氏によると、JTBや日本旅行のような大手5、6社は待遇の良さなどで離職率は低いが、中堅、中小は慢性的な人手不足に陥っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る