てるみ内定取り消し35人に40社 旅行業界“人気薄”の深刻

公開日: 更新日:

 やはり人手不足のようだ――。

 今月8日、経営破綻した「てるみくらぶ」から内定を取り消された大学生らを対象に旅行業界の合同企業説明会が開催された。主催は「日本旅行業協会」で、当日は内定取り消し者58人のうち35人が参加。旅行会社を中心に40社が殺到する“売り手市場”となった。「内訳は男性11人と女性24人です。内定をもらい、すでに上京したのに就職できない人たちのために開催しました。活発な面談ができたと思っています」(同協会広報室)

 先日、大手法律事務所や警備会社、宿泊施設関係の財団法人なども58人の受け入れを表明。いまビジネス界は人手不足で、旅行業界も例外ではない。

 旅行ライターの五嶋幸一氏によると、JTBや日本旅行のような大手5、6社は待遇の良さなどで離職率は低いが、中堅、中小は慢性的な人手不足に陥っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  10. 10

    打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

もっと見る