「鬼平犯科帳」50周年 女性ファン増加で再ブームの兆し

公開日:

 あの「鬼平犯科帳」が誕生50周年だそうだ。小説でスタートした鬼平は、テレビドラマ、映画、漫画を経て今年初めてアニメ化され、この春に放映された。先日、それを記念して東京ソラマチで行われた「鬼平展」をのぞいてみると……。

 平日の夜7時ごろだったが、中年男性より30代、40代の女性の姿が目立った。原作者の池波正太郎の直筆生原稿の展示コーナーより、脇役たちが勢ぞろいのアニメ原画・設定画の展示コーナーに人がたまっていたのは、やはり“アニメ版鬼平”放映の影響か。アニメのコンテや台本を食い入るように見つめる女性も多かった。

 江戸時代が大好きで、歴ドルとして知られる堀口茉純さんが言う。

「私も展示を見学しましたが、確かに女性が多かった。従来の鬼平ファンに加えてアニメファンが足を運んだためでしょう。アニメには人気声優が起用されていて、台本のコーナーなどに女性が多かったのもきっとそのせい。鬼平に限らず、時代小説人気は女性の間で着実に高まっています。私の歴史スポット巡りのイベントでもアラフォー女性グループが増えましたし、若い世代でも“シバ女”はけっこういるんですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る