• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

猫はこう撮る 「いいね!」が集まるペットのスマホ撮影術

 SNSの投稿でよく目にするのが、料理やペットの写真だろう。日記代わりに投稿している人も少なくないが、「うまく撮れない」「撮り方がマンネリで……」といった悩みもよく聞く。そこで、「グルメ」と「ペット」の撮り方をそれぞれのプロに聞いた。スマホで簡単に撮れて「いいね!」がたくさん集まる写真術を大公開――。

  ◇  ◇  ◇

 空前の猫ブームだ。ペット編は猫をテーマにするが、気ままな猫は警戒しながらちょこちょこ動く。シャッターチャンスが限られる上、スマホのカメラは、動いている被写体に弱い。そこで白羽の矢を立てたのが、猫カメラマンの芳澤ルミ子氏だ。雑誌「猫びより」で長年活躍。昨年は、猫写真集「にゃんたま」を上梓している。

 そんな腕利きも「その点、コンパクトなスマホは向いているかもしれない」という。もちろん、猫じゃらしなどで近くにおびき寄せたり、昼寝時のまったりしているときを狙ったりして警戒心を解く工夫は欠かせない。その上で撮り方の工夫だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  7. 7

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

  8. 8

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  9. 9

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  10. 10

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

もっと見る