猫はこう撮る 「いいね!」が集まるペットのスマホ撮影術

公開日:

 SNSの投稿でよく目にするのが、料理やペットの写真だろう。日記代わりに投稿している人も少なくないが、「うまく撮れない」「撮り方がマンネリで……」といった悩みもよく聞く。そこで、「グルメ」と「ペット」の撮り方をそれぞれのプロに聞いた。スマホで簡単に撮れて「いいね!」がたくさん集まる写真術を大公開――。

  ◇  ◇  ◇

 空前の猫ブームだ。ペット編は猫をテーマにするが、気ままな猫は警戒しながらちょこちょこ動く。シャッターチャンスが限られる上、スマホのカメラは、動いている被写体に弱い。そこで白羽の矢を立てたのが、猫カメラマンの芳澤ルミ子氏だ。雑誌「猫びより」で長年活躍。昨年は、猫写真集「にゃんたま」を上梓している。

 そんな腕利きも「その点、コンパクトなスマホは向いているかもしれない」という。もちろん、猫じゃらしなどで近くにおびき寄せたり、昼寝時のまったりしているときを狙ったりして警戒心を解く工夫は欠かせない。その上で撮り方の工夫だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  8. 8

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  9. 9

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  10. 10

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

もっと見る