猫はこう撮る 「いいね!」が集まるペットのスマホ撮影術

公開日:

 SNSの投稿でよく目にするのが、料理やペットの写真だろう。日記代わりに投稿している人も少なくないが、「うまく撮れない」「撮り方がマンネリで……」といった悩みもよく聞く。そこで、「グルメ」と「ペット」の撮り方をそれぞれのプロに聞いた。スマホで簡単に撮れて「いいね!」がたくさん集まる写真術を大公開――。

  ◇  ◇  ◇

 空前の猫ブームだ。ペット編は猫をテーマにするが、気ままな猫は警戒しながらちょこちょこ動く。シャッターチャンスが限られる上、スマホのカメラは、動いている被写体に弱い。そこで白羽の矢を立てたのが、猫カメラマンの芳澤ルミ子氏だ。雑誌「猫びより」で長年活躍。昨年は、猫写真集「にゃんたま」を上梓している。

 そんな腕利きも「その点、コンパクトなスマホは向いているかもしれない」という。もちろん、猫じゃらしなどで近くにおびき寄せたり、昼寝時のまったりしているときを狙ったりして警戒心を解く工夫は欠かせない。その上で撮り方の工夫だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る