ネットで話題の「注文をまちがえる料理店」に行ってみた

公開日: 更新日:

「どなたもどうかお入りください。決してご遠慮はありません」

 ガラスの開き戸に書かれた文言。宮沢賢治の寓話「注文の多い料理店」の一節だ。

 そのネーミングを意識したのか、都内某所で「注文をまちがえる料理店」なるレストランが先週末にプレオープンし、話題になっている。他の料理店とどこが違うのかというと、ウエートレスが認知症のおばあちゃんだということ。したがって、頼んだメニューと違う食事が運ばれてくる可能性もあり、実際プレオープン時には「ハンバーグ」を注文したのに、「餃子」が来たという場面もあったようだ。

 この模様がツイッターなどで紹介されると、友人から友人へ「注文をまちがえる料理店」という文言が拡散。ヤフーの急上昇ワードにも登場し、「僕も行ってみたい」「店はどこにあるの?」と盛り上がっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る