空室リスクなしは本当か? 譲渡型賃貸のうまみと落とし穴

公開日:

 名の知れた企業に入ったからといって、生涯安泰とはいえないこのご時世。財テクに目を向けるサラリーマンも増えているが、今、不動産投資はじわじわとリスクが高まっている。

 地方では空き家が増え続け、都市部でも物件が過剰になりつつある。特に賃貸物件の空室率は上昇の一途。現在、東京23区のアパート系賃貸の空室率は約35%(不動産調査会社タス/2017年2月発表)。空室のままでは収入が入らず、赤字になってしまう。

 だが、不動産投資はお先真っ暗ともいえない。最近、「空室リスク」のない投資として注目を集めているのが「譲渡型賃貸」だ。これを手がける不動産会社「リネシス」の森裕嗣氏に話を聞いてみた。

「当社が扱っている譲渡型賃貸の物件は一戸建て住宅のみです。入居者が20年、30年など一定の期間、賃貸契約で住み続ければ、最終的にその一軒家(土地建物)が入居者に譲渡されるという仕組みとなっています。入居者が住み続けることが前提なので、投資オーナーは空室リスクが少なく、最終的に出口が決まった投資になるというメリットもあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る