空室リスクなしは本当か? 譲渡型賃貸のうまみと落とし穴

公開日: 更新日:

 名の知れた企業に入ったからといって、生涯安泰とはいえないこのご時世。財テクに目を向けるサラリーマンも増えているが、今、不動産投資はじわじわとリスクが高まっている。

 地方では空き家が増え続け、都市部でも物件が過剰になりつつある。特に賃貸物件の空室率は上昇の一途。現在、東京23区のアパート系賃貸の空室率は約35%(不動産調査会社タス/2017年2月発表)。空室のままでは収入が入らず、赤字になってしまう。

 だが、不動産投資はお先真っ暗ともいえない。最近、「空室リスク」のない投資として注目を集めているのが「譲渡型賃貸」だ。これを手がける不動産会社「リネシス」の森裕嗣氏に話を聞いてみた。

「当社が扱っている譲渡型賃貸の物件は一戸建て住宅のみです。入居者が20年、30年など一定の期間、賃貸契約で住み続ければ、最終的にその一軒家(土地建物)が入居者に譲渡されるという仕組みとなっています。入居者が住み続けることが前提なので、投資オーナーは空室リスクが少なく、最終的に出口が決まった投資になるというメリットもあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  5. 5

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  8. 8

    「ご三家に合格する子」の家庭環境をプロ家庭教師が明かす

  9. 9

    高嶋ちさ子“毒舌”を否定「これでも歯に衣着せてるんです」

  10. 10

    阪神株主総会で露呈 野球素人の“お偉方”が肩で風切る不安

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る