空室リスクなしは本当か? 譲渡型賃貸のうまみと落とし穴

公開日:

 名の知れた企業に入ったからといって、生涯安泰とはいえないこのご時世。財テクに目を向けるサラリーマンも増えているが、今、不動産投資はじわじわとリスクが高まっている。

 地方では空き家が増え続け、都市部でも物件が過剰になりつつある。特に賃貸物件の空室率は上昇の一途。現在、東京23区のアパート系賃貸の空室率は約35%(不動産調査会社タス/2017年2月発表)。空室のままでは収入が入らず、赤字になってしまう。

 だが、不動産投資はお先真っ暗ともいえない。最近、「空室リスク」のない投資として注目を集めているのが「譲渡型賃貸」だ。これを手がける不動産会社「リネシス」の森裕嗣氏に話を聞いてみた。

「当社が扱っている譲渡型賃貸の物件は一戸建て住宅のみです。入居者が20年、30年など一定の期間、賃貸契約で住み続ければ、最終的にその一軒家(土地建物)が入居者に譲渡されるという仕組みとなっています。入居者が住み続けることが前提なので、投資オーナーは空室リスクが少なく、最終的に出口が決まった投資になるというメリットもあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る