うなぎ産地偽装で割烹を摘発 騙される消費者が悪いのか?

公開日: 更新日:

 中国産のうなぎを「三河産」「静岡産」などと偽って客に出していた福井市のうなぎ割烹店「曙覧」(写真はHPから)が、愛知県警に摘発された。28日までに不正競争防止法違反(虚偽表示)容疑で逮捕されたのは、同店を直営する水産物輸入・卸会社社長(47=名古屋市)と、同店元料理長(56=福井市)の2人。

「客に出すうなぎのほとんどが中国産だったにもかかわらず、店の出入り口付近に『三河産』『静岡産』と書いたのぼりを立てたり、店内に愛知の養殖業者の顔写真を掲げたりしたそうです。発覚のきっかけは、村井の会社の輸入うなぎから基準値を超える残留農薬が検出されたこと。名古屋の保健所が昨年12月、県警に食品衛生法違反容疑で告発し、産地偽装もバレたというわけです」(捜査事情通)

 2人は互いに「(元料理長が)独断でやった」「(社長に)指示された」と容疑を否認しているが、いずれにせよ“農薬うなぎ”を食わされた客はたまったもんじゃないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  10. 10

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る