せんだみつおさんは新幹線での読書とビールと昼寝が至福

公開日:  更新日:

「トランプより大変なせんだのスランプ」と自虐ネタで笑いを誘ったタレントは、今月29日で古希を迎える。持ちネタが余興のゲームとしても定着する芸歴45年のベテランは、意外にも読書が趣味だという。

「藤原正彦さん、好きなんですよ。東大理学部数学科を卒業した数学者ながら文章がいい。藤原さんのエッセーには、デリカシーがある。理系のトップエリートが、論理より情緒が大切だと言い切るんです。幼いころは砂場で遊んで、野山を走り回り、小説を読んだり、失恋したりするいろいろな経験が情緒力を育てると。そういう経験がない人は、デリカシーに欠けますよね。『国家の品格』がベストセラーになったのも納得でしょう」

 スラスラと語る姿から、買っても読まない“積ん読”ではなく、きちんと読みこなしていることがうかがえるが、そこはコメディアン、オチをつけるのも忘れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る