• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【蒸しナスの中華サルサ】何でもかければそれがサルサ

ガティート(大井町)

 サルサとはメキシコでソースのこと。かけるものはみんな「サルサ」だ。またポン酢が出てきた。

「なるべく、材料も少なくして、手間暇かけないのがおつまみの基本。ポン酢はダシも入っているし、便利です」

 同じくダシ入りの完成調味料、ナンプラーもよく使うそうだ。この辺は伊藤さんの感性だ。

「料理本なんか見ません。適当にやっちゃう。このサルサはお店でも人気です。ただし、お店で出すときはもうひと手間かけます。黒七味と実山椒を入れるんです。実山椒はスーパーで枝付きのものを買ってきて、自分で漬けています。えっ? 市販ものを買わないのかって? 高いじゃないですか」

 山椒は麻辣のマーの部分だ。テキーラにはピリッとしたものがまたよく合うがマーの部分の辛みは伊藤オリジナル。伊藤さんが自分で漬け込んだという実山椒をいただくと舌がピリピリとしびれ、テキーラをグイッとやってしまった。

【レシピ】
ナス2本 ネギ3分の1本 トマト半分 ごま油大さじ1 ポン酢大さじ1 ラー油小さじ1 

 ナスはヘタを落として水洗いした後、蒸してもいいし、ラップして電子レンジで加熱してもいい(600ワットで5分くらい)。ナスが軟らかくなったら、手で6等分に割いておく。ネギはみじん切り、トマトは1センチ角に切り、ごま油、ポン酢、ラー油と和えて、ナスにかける。

今日の達人 伊藤裕香さん

▽いとう・ゆか
 石川県出身。文藝春秋の社員だったがテキーラに魅了され、2013年テキーラバー「Gatito」を東京・大井町にオープン。芳醇なテキーラの楽しみ方を広めるために日々、尽力している。2015年「TEQUILA BAR Elote」を沖縄県那覇市にオープン。日本テキーラ協会公認「グラン・マエストロ・デ・テキーラ」。

▼Gatito
 数少ないテキーラ専門店。古いものから未輸入のものまで、伊藤さんが独自ルートで集めたアガベ100%のテキーラが揃う。その数、約300本。テキーラにバッチリ合うツマミも多数。東京都品川区大井4―10―7 ℡03・3774・7757

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  3. 3

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  6. 6

    ハワイ移住は本当か 山口達也が療養中とされる施設を直撃

  7. 7

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

もっと見る