横山光昭
著者のコラム一覧
横山光昭家計再生コンサルタント

家計再生コンサルタント、ファイナンシャルプランナー。借金したり貯金ができない家計の弱点を探り、確実な再生計画を見いだすプロ。これまで約1万5000人以上の家計再生を手がけた。

子どもの「教育費」で老後破綻しないための基礎知識

公開日: 更新日:

 破竹の勢いで連勝記録を打ち立てた将棋の藤井聡太四段(15)の活躍を見て、「わが子もあんなふうに」と思い描いている親御さんも多いのではないでしょうか。

 子どもに勉強しろと口を酸っぱくして言い、夏休みの今は塾の夏期講習に通わせているそこの教育パパ、ママ。子どもに期待をかけるのもよいですが、教育費にお金をかけ過ぎるのは問題です。

 一般的に教育費は子ども1人につき1000万円、いや3000万円かかるといわれていますが、本当にそんなにかかるのでしょうか? 疑問です。

 小・中・高校の学費は、私立の方が多少負担感が大きいものの、公立でも私立でも通常、毎月の収入の中で収まる場合が多いので、極端に大きな負担にはなりにくいものです。お金が必要になるのは大学が主です。ただ、公立大学であれば授業料プラスアルファで年間70万~80万円ほどの出費で済み、卒業までに320万円ほどしかかかりません。私立でも、文系であれば卒業までに450万円ほど、理系なら500万円以上かかることもあるでしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  8. 8

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  9. 9

    「やじうまワイド」でMC 58歳の玉利かおるさんは今何を?

  10. 10

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る