• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
横山光昭
著者のコラム一覧
横山光昭家計再生コンサルタント

1971年生まれ。家計再生コンサルタント、マイエフピー代表取締役、ファイナンシャルプランナー。1万人以上の家計を再生した実績を持つ。近著「はじめての人のための3000円投資生活」(アスコム)は50万部突破のベストセラーに。

子どもの「教育費」で老後破綻しないための基礎知識

 破竹の勢いで連勝記録を打ち立てた将棋の藤井聡太四段(15)の活躍を見て、「わが子もあんなふうに」と思い描いている親御さんも多いのではないでしょうか。

 子どもに勉強しろと口を酸っぱくして言い、夏休みの今は塾の夏期講習に通わせているそこの教育パパ、ママ。子どもに期待をかけるのもよいですが、教育費にお金をかけ過ぎるのは問題です。

 一般的に教育費は子ども1人につき1000万円、いや3000万円かかるといわれていますが、本当にそんなにかかるのでしょうか? 疑問です。

 小・中・高校の学費は、私立の方が多少負担感が大きいものの、公立でも私立でも通常、毎月の収入の中で収まる場合が多いので、極端に大きな負担にはなりにくいものです。お金が必要になるのは大学が主です。ただ、公立大学であれば授業料プラスアルファで年間70万~80万円ほどの出費で済み、卒業までに320万円ほどしかかかりません。私立でも、文系であれば卒業までに450万円ほど、理系なら500万円以上かかることもあるでしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る