ブローチが再ブーム 1000個所有の尾木ママに魅力を聞いた

公開日:

 小池百合子都知事(65)や秋篠宮家の眞子さま(25)ら、“セレブ”ファッションとしてブローチが再評価されている。

 実は世界的なトレンドで、英国のキャサリン妃(35)も愛用者のひとり。米国版ヴォーグ誌のサイトでも紹介されたこともあり、若い女性からブローチに熱視線が集まっているのだ。

 西武池袋本店の売り場担当者は、「これまでは胸元のアクセサリーとしてコサージュが多かったのですが、この春からブローチが売れ始めています。6月は前年比170%とかなり好調で、高齢の方だけではなく20~40代の女性も少なくありません」という。

 高齢女性のイメージが強いアクセサリーが、なぜ若い世代にも受けているのか。ブローチ好きで知られる教育評論家の尾木直樹氏が言う。

「ブローチは、ダイヤの指輪やネックレスなどに比べて、仰々しさがなくて誰でも気軽に楽しめます。そんなオシャレアイテムであることが魅力ではないでしょうか。価格帯もピンきりで、僕は3000円前後のものを愛用。デザインも豊富で、ブランド品じゃなくても個性が光れば様になる。ファンや子供たちにもらった手作り品や缶バッジを着けることもありますよ。スワロフスキーとはまた違う味わいがありますね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る