【ブルーチーズとドライフルーツのタルティーヌ】前菜にもデザートにも

公開日:  更新日:

クラウドナイン(東京・押上)

 タルティーヌとは仏版のオープンサンドのこと。切ったパンの上に好きな具材をのせた一品で、「青カビ系のチーズにドライフルーツを合わせてデザート的なメニューに仕上げました。チーズの味わい、ドライフルーツとハチミツの甘味、黒こしょうの香りの調和が楽しめると思います。ちなみに自分は小バゲット1本分ぐらい作って、映画のDVDを見るのが至福の時」と久下シェフ。

 さすが、自他ともに認める左党だ。

 材料はケチケチせず、カットするものは大きめに、のせるものはたっぷりと――それが唯一のコツという。パン本来の食感を楽しむため、バゲットを一度素焼きするひと手間を惜しまないことも忘れちゃいけない。具をのせてもう一度加熱することで、チーズの香りが立ち、食欲がそそられる。

 普通なら赤ワインを合わせがちだが、果実味豊かな白ワイン(ゲヴュルツトラミネールやリースリングなど)、甘口のデザートワイン(アイスワインなど)も合うんだなあ、これが。

《レシピ》
・バゲット
・ブルーチーズ
・好みのドライフルーツ(セミタ イプ)
・ハチミツ
・黒こしょう
※分量はいずれも適宜

(1)バゲットを厚さ2センチ程度にスライスし、オーブンなどで軽く焼いておく。
(2)①にブルーチーズと切ったドライフルーツをたっぷりとのせる。
(3)②をチーズが軽く溶けるまで加熱する。焦げるようなら表面にアルミホイルをのせる。
(4)皿に盛る。ハチミツと黒こしょうを別添えして出来上がり。

今日の達人 久下博之さん

▽くげ・ひろゆき
 もともと町場の定食屋のオヤジになるつもりが、センスや人柄を買われ、都内のロシア料理店やビストロで腕を磨くうちにワインに合う料理の道へ。ワインバーの人気店「遠藤利三郎商店」で3年半、料理長を務めて独立。14年4月から同店のオーナーシェフに。厨房で黙々とフライパンを振るシェフはこわもてで話しかけるのに躊躇しがちだが、本当は気さくな性格。

▼料理とワインCLOUD NINE
 店名は英語で「至福の時」「意気揚々」の意。店内はテーブル8席、カウンター6席のオープンキッチンで食欲をそそる香りが。野菜、肉、魚いずれも産直の食材を多く扱う。おいしければジャンルは問わないと話す久下シェフのひと皿は、飲んべえの胃袋をわし掴みにする。
東京都墨田区業平4―3―10 1F ℡03・6658・4088(月曜休、祝日の場合は翌火曜休)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る