曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

だし蔵ハーバーランドumie店(神戸)焼きおにぎり茶漬けの専門店

公開日:  更新日:

 家庭料理での関西だしの復権を掲げてオープンしたのが関西だし専門店「だし蔵」。昆布・鰹ベースのいわゆる関西だしの素を販売したり、それを用いただし茶漬けの店を展開している。サラリーマンにとってささっと食せるだし茶漬けはウケがいいのか、連日の盛況ぶり。その流れをかつてついに神戸ハーバーランドにもその専門店がお目見えした。

「だし蔵ハーバーランドumie店」は、系列の店と異なり、焼きおにぎり茶漬け専門の店。GWに催された食博で、焼きおにぎり茶漬けが好評だったのを受けて企画したのだという。

「かために結んでしまうと、だしをかけた時に崩れません。できるだけ仕上がりがいいようにと、あえてフワフワのおにぎりを作り、醤油を塗って焼いています」と、だし蔵商品本部の稲田敦士さんは話す。フワフワに結ぶことで中まで醤油が染みて上品なだし茶漬けになるようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る