• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

うさみ亭マツバヤ(南船場)うどんと雑炊が一体化?

 大阪らしい料理のひとつに「おじやうどん」がある。おじやとは雑炊のことで、雑炊にするか、うどんにするか、どっちか悩んだ末にいっしょにしたのが始まりだろう。このおじやうどんを名物にしているのが南船場にある「うさみ亭マツバヤ」だ。

 明治26年創業という老舗で、常連客はメニューを見ずに「おじや」とか「きつね」とか言って注文している。

 同店のおじやうどんには、スタンダードなおじやうどん(780円)と大阪おじやうどん(1000円)の2種がある(冬場はカキの入ったものも)。違いは具材。定番もいいが、私はせっかくなら、豪華版の大阪おじやうどんを注文することにしている。

 同商品は中に鶏肉、穴子、エビ、魚、卵、刻み揚げ、ネギ、かまぼこなどが入っていて、おのおのからだしが出ていいのだ。鉄鍋で提供されるそれは奥がご飯、手前がうどん。この場合のうどんはれっきとしたおかずで、おじやからいくか、うどんから食べるかで個々の嗜好も分かれるに違いない。まさに大阪人らしい合理的発想から誕生したぶっ込み料理といえよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  4. 4

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  7. 7

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  8. 8

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る