曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

うさみ亭マツバヤ(南船場)うどんと雑炊が一体化?

公開日:  更新日:

 大阪らしい料理のひとつに「おじやうどん」がある。おじやとは雑炊のことで、雑炊にするか、うどんにするか、どっちか悩んだ末にいっしょにしたのが始まりだろう。このおじやうどんを名物にしているのが南船場にある「うさみ亭マツバヤ」だ。

 明治26年創業という老舗で、常連客はメニューを見ずに「おじや」とか「きつね」とか言って注文している。

 同店のおじやうどんには、スタンダードなおじやうどん(780円)と大阪おじやうどん(1000円)の2種がある(冬場はカキの入ったものも)。違いは具材。定番もいいが、私はせっかくなら、豪華版の大阪おじやうどんを注文することにしている。

 同商品は中に鶏肉、穴子、エビ、魚、卵、刻み揚げ、ネギ、かまぼこなどが入っていて、おのおのからだしが出ていいのだ。鉄鍋で提供されるそれは奥がご飯、手前がうどん。この場合のうどんはれっきとしたおかずで、おじやからいくか、うどんから食べるかで個々の嗜好も分かれるに違いない。まさに大阪人らしい合理的発想から誕生したぶっ込み料理といえよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る