• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

海幸旅館(洲本・由良)有名料理人も惚れ込む鮮度の良さ

 洲本市の由良漁港は、明石と並ぶ有名漁港。ここで揚がる魚はブランド品とまで言われるほど。

 淡路島の南端に位置する同漁協で仲卸を営む橋本一彦さんは、漁業の世界では名の知れた人物で、彼が送る魚は築地でも高値がつくという。

 橋本さんはこの漁港で仕事をする傍ら自宅を民宿にしている。つまり漁港でセリ落とされてすぐの魚を自身の「海幸旅館」で提供しているのだ。

 橋本さんは副業的に民宿を営んでいるので儲けより、ほかでは味わえないようなトレトレの魚を提供することに生きがいをもつ。だからびっくりするようなレベルの魚が並ぶのだ。料理を担当するのは奥さんの三起子さん。「素人料理なので」と謙遜するが、包丁さばきといい、味つけといい、プロ顔負けのレベル。テレビなどでお馴染みの有名料理人が「年に一度は行くことにしている」との言葉でもレベルの高さがわかるはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事