加古川清流戦で弟子の井出隼平四段が藤井聡太四段を破る

公開日:  更新日:

 若手棋士四段、女流棋士、奨励会三段、選抜アマらが出場する加古川青流戦で、9月2日に私の弟子の井出隼平四段(26)が藤井聡太四段(15)と準々決勝で対局した。

 加古川青流戦は、久保利明王将、井上慶太九段、稲葉陽八段など、兵庫県加古川市の出身者や在住者が多いことから、加古川市が「棋士の町」として2011年に棋戦を誘致して誕生した。

 棋士としては井出四段が藤井四段より1年先輩だが、公式戦の実績は大きな隔たりがある。

 井出は昨年度の成績は17勝17敗で、そのうちC級2組順位戦は5勝5敗と、並の成績に終わった。一方の藤井は今年6月に29連勝の新記録を達成し、さらに進化し続けている。

 藤井を大空に向かって咲き誇る向日葵に例えると、井出は道端でひっそりと生える雑草という感じだ。「提灯に釣り鐘」という比喩にも当たるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  6. 6

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  7. 7

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  8. 8

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る