曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

マンドリーノ(堺筋本町)老舗店のイタリア料理をお届け

公開日: 更新日:

 伊料理「マンドリーノ」といえば、大阪では老舗。店主の大久保裕康さんがその昔、渡り蟹のスパゲティを考案し、その名を轟かせたばかりか、同料理は日本の津々浦々まで広まった。

 その「マンドリーノ」も長年店舗運営をしてきたが、大久保さんの年齢的な事情もあって今ではケータリングの専門店に変身している。ケータリングといってもそこは老舗伊料理店で、かなりのレベルの料理を届けてくれるのだ。例えば、個人の誕生日会や記念日を祝う会、法事に料理を届けてとの依頼が多く、料金と料理内容は要相談で大阪府下とその近辺に配達しているという。

 1人4500円~で、合計3万円以上なら宅配可能(宅配料2000円)。料理はその時々で替わるそうだが、オードブル3種に、スープ、グラタン、肉料理、スイーツが基本というから、まさにコース料理。店ではなく、それが自宅で味わえるのだから、好評なのもわかる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  7. 7

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  8. 8

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  9. 9

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  10. 10

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

もっと見る