シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

ハリウッド大物Pが契機 米国で職場のセクハラに再注目が

公開日: 更新日:

 ハリウッドの超大物プロデューサーであるハーベイ・ワインスタインのセクハラが大騒動になっています。過去30年間にわたって複数の女性へセクハラを繰り返していたことがスクープされ、アンジェリーナ・ジョリーやグウィネス・パルトロウらスーパースターが次々と「私もセクハラされた」と申し出たため、国を揺るがす大事件になっているのです。

「権力のある男性が若い女性にセクハラする」というのは映画やドラマでありがちな展開ですが、そのドラマを作った張本人がやっていたということが国民にショックを与えました。同時に、映画業界のみならず職場でのセクハラに再びスポットが当たっているのです。

 アメリカでは、女性の3人に1人が職場でセクハラを受けた経験があり、その75%は「セクハラをされたことを会社に報告していない」という調査結果があります。上司や得意先にセクハラされても報告しない理由は、解雇や仕事への影響はもちろん、社会的地位のない自分の言葉が信用されず、逆に「お金目当てのウソ」などと攻撃されるかもしれないという強い恐れがあるからです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    「恋つづ」佐藤健に挑む上白石萌音が宮崎美子に見えるワケ

  7. 7

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  8. 8

    為末大と大迫傑が噛みついた「箱根駅伝」解体の“Xデー”

  9. 9

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  10. 10

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る