シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

ハリウッド大物Pが契機 米国で職場のセクハラに再注目が

公開日:

 ハリウッドの超大物プロデューサーであるハーベイ・ワインスタインのセクハラが大騒動になっています。過去30年間にわたって複数の女性へセクハラを繰り返していたことがスクープされ、アンジェリーナ・ジョリーやグウィネス・パルトロウらスーパースターが次々と「私もセクハラされた」と申し出たため、国を揺るがす大事件になっているのです。

「権力のある男性が若い女性にセクハラする」というのは映画やドラマでありがちな展開ですが、そのドラマを作った張本人がやっていたということが国民にショックを与えました。同時に、映画業界のみならず職場でのセクハラに再びスポットが当たっているのです。

 アメリカでは、女性の3人に1人が職場でセクハラを受けた経験があり、その75%は「セクハラをされたことを会社に報告していない」という調査結果があります。上司や得意先にセクハラされても報告しない理由は、解雇や仕事への影響はもちろん、社会的地位のない自分の言葉が信用されず、逆に「お金目当てのウソ」などと攻撃されるかもしれないという強い恐れがあるからです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る