曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

ファゴット(大阪・堺)有名パティシエが挑んだスイーツ革命

公開日: 更新日:

 ホテル・アゴーラリージェンシー堺の1階にある「ファゴット」は、スイーツとパンの店。引っ切りなしに客が訪れては、それらを求めて帰る姿が目立つ。店を仕切っているのは、パティシエの高橋賢一さん。「ファゴット」のみならず、同ホテルの製菓・製パンを統括しているシェフである。

 高橋シェフは、梅田のヒルトンホテルやリッツカールトン大阪、蹴上のウエスティン都ホテルと有名ホテルを渡り歩いて堺へやって来た。大阪の厳しい客の目に接して精進したかったのが理由のひとつだとか。同ホテルに着任した時にショーケース内に華やかさを出したいと思ったそうだ。そのために定番の苺のショートケーキをスタイリッシュなものに変えた。一般的に同品は三角形と決まっている。それを高橋シェフは細長くて四角い形のカップデザートにした。

「これだと持ち帰っても崩れません。生クリームは2種類用い、高脂肪のものと軽い表面仕上げでサンドしています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  2. 2

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  3. 3

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  4. 4

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  5. 5

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  6. 6

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  7. 7

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    ジャパンライフと政界、マスコミ、警察の結託…腐った構造

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る