曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

ファゴット(大阪・堺)有名パティシエが挑んだスイーツ革命

公開日: 更新日:

 ホテル・アゴーラリージェンシー堺の1階にある「ファゴット」は、スイーツとパンの店。引っ切りなしに客が訪れては、それらを求めて帰る姿が目立つ。店を仕切っているのは、パティシエの高橋賢一さん。「ファゴット」のみならず、同ホテルの製菓・製パンを統括しているシェフである。

 高橋シェフは、梅田のヒルトンホテルやリッツカールトン大阪、蹴上のウエスティン都ホテルと有名ホテルを渡り歩いて堺へやって来た。大阪の厳しい客の目に接して精進したかったのが理由のひとつだとか。同ホテルに着任した時にショーケース内に華やかさを出したいと思ったそうだ。そのために定番の苺のショートケーキをスタイリッシュなものに変えた。一般的に同品は三角形と決まっている。それを高橋シェフは細長くて四角い形のカップデザートにした。

「これだと持ち帰っても崩れません。生クリームは2種類用い、高脂肪のものと軽い表面仕上げでサンドしています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  10. 10

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

もっと見る