田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

米長邦雄の最後の秘蔵っ子 中村太地が羽生善治を越えた

公開日: 更新日:

 中村太地六段(29)は今月11日、羽生善治王座(47)に挑戦した王座戦の第4局で勝ち、通算3勝1敗で羽生を破ってタイトルを初めて獲得した。

 その中村・新王座のこれまでの歩みを紹介する。中村は、羽生が少年時代に通っていた東京・八王子の将棋クラブで腕を磨いた。12歳のときに米長邦雄永世棋聖の門下で奨励会に6級で入会している。

 月に1回は米長の自宅で行われた研究会に参加し、奨励会の将棋を見てもらった。師匠には指し手の解説よりも、ある局面の考え方や流れをよく問われ、そうした経験は上達の糧になったという。

 中村は2006(平成18)年、17歳で四段に昇段して棋士になった。当時は早稲田実業高校に在学していて、「ハンカチ王子」と呼ばれた野球部の斎藤佑樹投手(プロ野球の日本ハムに入団)は同級生だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  4. 4

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  5. 5

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  6. 6

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  7. 7

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  8. 8

    原監督が再び明言…来季こそ「岡本三塁」で辛抱できるか

  9. 9

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  10. 10

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る